3699 たしかに乗務員トラブル

社会・政治・事件, 鉄道

おとといのこと。

会社帰り、なにげなく運行情報を見ていたら、ちょっと気になる情報が載っていた。

「乗務員トラブルのため遅れがでています」

そういえば、以前も見たことのある乗務員トラブルでの遅延。

いったい乗務員トラブルとはどんなことだったのだろう?と、あとから調べたら、ニュースになっていて、運転士がめまいを起こしたことによるトラブルであった。

そして今回、何が起きたのか?と調べてみたら、ニュースにはなっていなかったが、掲示板やTwitterなどの情報によれば・・・

【京浜東北線 遅延】京浜東北線は南浦和駅で発生した車掌行方不明のため車掌手配を行いましたため上下線に遅延が生じております。

ということになっていたらしい。

「行方不明」の4文字は穏やかでない・・・。

なにがあったんだろう・・・と気になって、引き続き調べてみたら、結局、トイレで発見されたらしい。

この車掌に何が起きたのだろうか?

誰かに断りを入れることもできなかったくらいのトラブルだったことは確かだ。

ふと、以前線路に逃げた痴漢の犯人像を伝える車内放送を思い出した。

こういったちょっと”細かな”情報が伝えられると、いろいろと想像が膨らんでしまうが、公共交通機関でのトラブルの場合、利用者に直接関係がなくとも、ある程度、はっきりした原因をあわせて伝えられると、利用する側としては安心するものだと、あらためて思った。

Posted by ろん