3652 Four more years.

Four more years.

アメリカ、オバマ大統領が再選したときの、ツイートだ。

まさに、ツイート。

この一言といい、写真といい、“バンザイ”三唱よりも、ちょっと格好いい。

でも、これから待ちかまえる難題を考えると、本当に嬉しいことなんだろうか?と思ってしまう。

日本でも、来月は都知事選挙があり、衆院選もそう遠くない将来に行われる。

選挙のたびに思うのだけど、どうして、議員や大臣、首相、大統領になりたがるんだろう。

「できます!」と言って、なってみたものの、山積した問題は、そう簡単に解決できるはずもなく、結局は不本意な形で去ることも少なくない。

「最初からできない」という考えは、良くないけど、それでも事実は事実だ。

こういう立候補する人は、「できなかった」という事実に苛まれることがほとんどないか、責任を転嫁しているか、うまく乗り越える術を知っているのだろう。

今は、なりたがる人たちが大勢いるからいいけど、もし、なにかのきっかけで、PTAの役員か、マンションの管理組合の理事みたいに、なり手が誰もいなくなったらどうなるんだろう?…と、ときどき、無駄な心配をすることがある。

以前も、書いたことがある気がするが、選挙のたびに思ってることなので、ご容赦を。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください