[社会の窓]避難訓練の思い出

今日は一日中、あいにくの雨 だったが、少し前の日曜日は、晴天の中での避難訓練と消防訓練を見掛けた。

近所の子供たちがはしご車に乗って喜ぶ姿に、30年ほど前の自分の姿を重ねた。

いや正確に言えば、“重ならなかった”。

当時、小学5年生くらいだっただろうか?

通っていた小学校で、避難訓練にあわせて、ベランダから下に降りる“避難シュート”の訓練が予定された。

滑り台のような形状をした避難シュートは、小学生からしてみたら、誰もがやりがる“おもしろそうな”訓練だが、ごく一部の各クラス代表が行うことに。

どういう選考基準だったか忘れたが、なんと僕が代表に選ばれた。クラスの羨望のまなざしを一身に受けことは、いまでもよく覚えている。

訓練当日を迎えた。

担任の先生が、困った表情を僕に向けたのだ。

「なぜ長ズボンをはいてこなかったんだ?」

先生が言うには、避難シュートを通り抜ける際、摩擦でケガややけどをする恐れがあるので、訓練のときには長ズボンをはくことになっていたというのだ。

ということで、半ズボンをはいていた僕の権利は、あえなく剥奪され、長ズボンをはいていた全然関係ない奴に訓練の権利が移ってしまった。

間抜けぶりは、昔も今も、まったく変わらないことがよくわかる…_| ̄|◯

避難訓練とか消防訓練というと、いつも、この悲しい出来事を思い出す。

4 thoughts on buy lasix[社会の窓]避難訓練の思い出

  1. 半ズボン…
    時代を感じさせるね。
    むしろ長ズボンの男子なんてかなり少数派じゃなかった?
    昔の男子はみんな半ズボン(今でいうホットパンツみたいな長さ)だったのに、いつから無くなったのかねえ。

  2. ≫ 兵ちゃん
    当時、デフォルトが、半ズボンだったような気がする。
    長ズボンという選択肢は、最初からなかったね。
    半ズボンどころか、冬でも半袖半ズボンっていうところもあった。
    うちの近所にいた双子の兄弟は、冬でも半袖半ズボンのだったなぁ…しみじみ。

  3. しつこくてごめんなさい。
    双子の兄弟…
    もしや、◯い◯い?!
    (なんか丸井みたい…)
    懐かしくて鳥肌でした。

  4. ≫ 兵ちゃん
    そうです。コ◯コ◯です。
    よく思いだしたね! そのあだ名を、意識すること自体20年以上ぶりだと思う。 あまりに懐かしくて、鳥肌モノでした。そんな、彼らはどうしてるんだろうなぁ…まさか、こんなところで話題にされているとは思っていないだろうなぁ…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください