3586 立山黒部アルペンルート(美女平と称名滝)

立山黒部アルペンルートの旅は、早くも最終日。

美女平に向かう前に、昨日、真っ白で何にも見えなかった、立山カルデラを見に、弥陀ヶ原ホテル近くの展望台に行ってみることにした。30分程度で行って帰ってこられるほどの手軽さだ。

ふたたび、いま来た道を戻る。

昨日遅くまで雨が降っていたために、空気も植物も潤いたっぷり。

昨日見た餓鬼の田んぼ前に広場を作るための工事が行われていて、偶然、その資材を運ぶ工事用モノレールを見かけた。

前もって予約したバスの時間に合わせて、ホテルをチェックアウト。

バスは、1分もずれることなく、定刻にやってきた。

美女平に着いたら、すぐに、美女平周辺のトレッキングに出発。

コースは美女平の駅からすぐに始まる。

多少歩きにくいところもあったが、巨大なタテヤマスギに圧倒されながら、気分良く歩くことができた。

途中に案内図があったので、迷うことはなかったけど、距離がまったくかかれていないので、目安がわからないのは、ちょっと困った。

お昼ごろに美女平駅に戻り、ここからはケーブルカーで、立山駅に向かう。

今回の旅行最後の見学スポットの称名滝へ。

落差日本一の滝だそうで、東京タワーよりも高い350mもあるそうだ。

称名滝へは、立山駅から「称名滝探勝バス」に15分ほど乗る。

バスを降りると、すぐに滝があるわけではなく、1kmちょっと歩行者専用の道を歩く。

遊歩道の手前までは、一般車でも乗り入れ可能なので、自家用車でやってきた家族連れも多い。

深い谷の間を歩いていく。

滝か水の音はよく聞こえるのだけど、なぜか称名滝はいつまでも姿を見せない。

そしてついに・・・!

落差日本一という称名滝を見ることができた。

滝からの距離はそれなりにあるのだけど、水しぶきが観瀑台まで飛んできて、周囲はちょっとひんやりしていた。

ただ、あいにくの曇り空で、さらに滝の上部が雲に覆われて、全貌が見えなかったが、言い換えれば、それくらい大きな滝ということなのだろう。

しばらく、じっと見とれてしまった。

今回の旅行では、自然に圧倒されっぱなしだった。こんな景色が日本でも見られるんだ・・・という驚きと、いろいろな乗り物にも乗れて満足だった。

つづく(見掛けた花の特集へ)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください