3532 神代植物公園と深大寺

どういう経緯でこうなったか忘れてしまったが、ひさしぶりに、神代植物公園に行ってみようと思い立ち、出掛けてみることにした。

バラで有名なところだけど、時期的にはもう終わりかなと思いつつ、前回行けなかった蕎麦を食べるのも、ちょっと楽しみだった。

調布駅からバスで、神代植物公園へ。

深大寺と神代植物公園と、なぜ“じんだい”の漢字が違うのかと調べてみたら、かつては深大だったものが、市町村合併の際、合併先の町名に配慮して、“神代”という別の字を当てた名残だという。

500円の入園券を購入して、園内に入ると、アジサイの花が目立つ。

来ようと思ったきっかけのバラは、もう盛りは過ぎてしまい、ちょっと寂しい感じになってしまっていた。

それでも、よくよく見れば、見応え十分のバラたちの姿があった。

温室にも入ったが、ここは前回来たときと大きく変わることはなく、ざっと見学したあと、深大寺門から参道に行ってみた。

もちろん、蕎麦を食べに。

どこにしようか迷った挙げ句、入ったお店は、深大寺の真正面にある蕎麦屋だった。

いただいたのは、手打ち韃靼蕎麦(840円)。

このそばは、出雲の亀嵩(かめたけ)で挽かれた特注品だそうだ。松本清張が、この店で「砂の器」を書いたという縁で、亀嵩の蕎麦を使うようになったという。

最初、もともとこの店が亀嵩の蕎麦を使っていて、それを松本清張が小説の参考にしたと、すっかり誤解していた。

店内に飾られていた写真は、どうやら、昔のこの店を写した写真だったようなので、ほぼ同じ場所から、今の風景と比べてみた。

参道をちょっと行った先に、神代植物公園が管理する水生植物園があるので、それを見学。

ここは、ちょうど、武蔵野台地のはずれの国分寺崖線に当たる場所。

水生植物園の脇に深大寺城という城があった。もちろん、初めて知ったが、これは、崖を利用して作られたのだろう。

うっそうとした雑木林や綺麗な湧き水を見ると、新宿から30分足らずの場所にあるとは思えない雰囲気。

参道を歩く人たちのなかで、アイスを食べている人を多く見掛けたので、やはり食べたくなってきた。

でも、売ってるのは、ふつうのバニラや抹茶のアイスばかりで、ここならでは…というものが見つからなかった。

いくつかのお店を覗いているうちにようやく見つけたのが、アイスをそばのパンにのせたものだった。ここならでは…ではあるけど、400円はちょっと高いなぁ。

また、神代植物公園へ再入場しようと思ったが、もう疲れてしまったので、バスに乗って調布駅に戻る。

調布駅は地下化工事の真っ最中。たしか今年度中には竣工するらしいので、この京王線と京王相模原線の上下線平面交差は、もうすぐ見納めとなる。

マニアな少年たちが、ホームの端で写真を撮りまくっていた。

また別の季節にでも、ちょっと歩きに来たい、そんな、神代植物公園と深大寺だった。

2 thoughts on canada cialis3532 神代植物公園と深大寺

  1. 深大寺は駅ハイで行きました(この時ハケの道を初めて知りました)。
    ろんさん同じお店で御蕎麦を食べ、そばパン(餡子入り)も食しました(笑)
    神代植物公園も前述とはルートが違う駅ハイで行きました。
    敷地が広すぎるので散策をそうそうに切り上げた記憶があります。
    この辺りはのどかな風景が広がっていますね。命の洗濯ができそうな気がします…

    ところで、取り消し線が施されている「マニア」ですが…
    ろんさん、人様のことは言えないんじゃないかと(笑)

  2. ≫ がんちゃん
    23区外のために、駅からハイキングではなかなか行くことのない場所ですが、なかなか楽しいところでしたね。がんちゃんとまったく同じ行動パターンというのも、すごいですね。ある意味、王道コースなのかな?(笑)
    ちなみに僕はマニアの一歩手前あたりに位置していると思ってます(自称)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください