3520 金星の太陽面通過

龍的天文台

一時は諦めかけた、金星の太陽面通過の観測。

僅かな光に望みを託し、望遠鏡をセット。

雲の隙間から太陽が見えるのを待った。

ほどなくして、薄い雲を通して、太陽の形がはっきり分かった。

すぐさま望遠鏡を覗いてみる。

見えた!

とりあえず、見えたことでも嬉しかったが、やっぱり写真にも撮りたい。

しかし、雲の動きが速く、まったく、うまく撮れないのだ。

そして、何度か挑戦して、ようやく1枚撮ることができた。

こうなると、さらに欲が出てくる。

もうちょっとうまく撮りたい。

太陽の光が、一瞬強くなったので、太陽観測用のフィルムを付けて、ふたたび、何度か挑戦したら…

ついに、ほぼ理想通りの写真も撮ることができた!

こうなると、さらに欲が出てくるもので、もうちょっと撮ってみたくなる。

雲の隙間が大きくなってきた。

太陽の光が強くなれば、よりアップの写真が撮れる。

そして…

なかなか、ちゃんと撮れたので、本当に嬉しかった。

しばらく見ているうちに、確実に金星が動いていることも分かる。

とてもラッキーだったなかで、ちょっと残念だったことが、2つある。

撮影はカメラを固定できず手持ちだったことで、太陽の上下が定まらず、写真によって回転してしまっているということ。

そしてもうひとつは、この写真を撮った直後、ふたたび太陽は厚い雲に隠れてしまい、最後まで見ることができなかったということだった。

一部とは言え、金星の太陽面通過を観測できたことは、先日の金環日食と合わせて、僕の一生の思い出になると思う。

Posted by ろん