戦争廃墟/石本 馨

戦争廃墟
石本 馨

ミリオン出版

よく利用させてもらっている北区立中央図書館は、自衛隊十条駐屯地の隣にあるが、かつて旧東京第一陸軍造兵廠だったところだ。

ここに煉瓦造りの大きな建物があって、以前から気になっていたものの、立ち入りはできず、不思議な雰囲気を醸し出していた。

まさに“戦争廃墟”という雰囲気だったが、いまではすっかり変わってしまった。

そんな、いまでも残っている戦争のために作られたさまざまな建築物を紹介している。

写真と取材時の著者の印象などは豊富に載っているものの、“資料”としては物足りなさを感じた。というのも、たくさんの廃墟が日本のどういったところに分布しているかを示す地図は載っていないし、廃墟となる前の姿などもわからない。あくまで、“廃墟”となった姿の写真集ということなのだろう。

でも、後半あたりから、当時人間機雷「伏龍」や水上特攻「震洋」などに関わった方々へのインタビューも掲載されていて、必ずしも写真集という枠に収まっているわけでもないようだ。

写真はとても興味深く、廃墟から何かを訴えかけられるような気がした。

それだけに、“戦争廃墟”という本なのだから、かつての軍事施設の紹介だけに徹しても良かったのではないかと思った。

特に、人間魚雷と言われた「回天」の訓練基地に配属された方へのインタビューで、どうしても気になったことがあった。

私は常々、回天は非人道的な兵器どころか人道的な兵器であると公言しています。
己の命を捨て、何千、何万の命を生かす、これぞまさしく人道ではないか。(p.130)

戦争で多くの仲間を失い、大変な苦労をされた方であることは、十分承知しているが、これは決して言ってはならないことだと思う。

もしこれがまかり通るならば、東京大空襲も、広島、長崎への原爆投下も、みんな正当化されてしまうではないか。

戦争に、人道も非人道もないのだから。

2 thoughts on tadalafil canadiense戦争廃墟/石本 馨

  1. ロンさん

    先日ラジオから
    「日本人は平和はタダだと勘違いしてる」という
    発言をききました。
    これは防衛費を使わずに….という意味ではなく
    ただ、ボ〜っと生きてる、とか、世界ではさまざまな問題が
    起きているのに…..だとか、そんな意味でした。

    遺構や廃墟をみて「かっこいい」という流行?が一時期あり
    ました(今も?)
    でも実は、踏み込んでいろいろ考えてみた人も多かった。。。
    はず、と信じたいものです。

  2. ≫ ぶり さん
    それはまさに“平和ボケ”ということですね…。
    外交にしても軍事にしても、ちゃんとした意思が必要だと思います。私見ですが、特に戦争にまつわる分野は、どこかタブー視されているところがあるために、表面的な面だけで判断されてしまったり、偏った意見ばかりが目立ったりしがちだと思います。
    ぶりさんの仰るように「踏み込んでいろいろ考える」人が実は多いんだと思いたいですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください