3月19日 箱根の山に挑んだ鉄路/青田 孝

箱根の山に挑んだ鉄路―『天下の険』を越えた技 (交通新聞社新書) 青田 孝 交通新聞社 箱根が好きで、ちょっちゅう行っている気もするが、その理由として、箱根登山鉄道が占める割合が大きい。 1000m進むごとに80mの高低 … 続きを読む


3月18日 3455 天体望遠鏡購入顛末記

僕が小さい ころ、 なりたかったのは、電車の運転士と、天文学者だった。 小学生のころ、サンタクロースからもらった天体望遠鏡で、月や惑星を見ていたが、いつしか、あまり見なくなってしまった。 それでも、宇宙に対する思いは、他 … 続きを読む


3月18日 3454 なんのためのルールだったの?

今日は、このニュース(キャッシュ)について。 プロ野球・読売巨人軍が、球界で申し合わせた新人契約金の最高標準額(1億円プラス出来高払い5千万円)を超える契約を多数の選手と結んでいたことが、複数の関係者証言と朝日新聞が入手 … 続きを読む


3月17日 体内時計の謎に迫る/大塚 邦明

体内時計の謎に迫る ~体を守る生体のリズム~ (知りたい!サイエンス) 大塚 邦明 技術評論社   体内時計(生物時計)という言葉をときどき耳にするが、その実態って、あまり知られていないのではないだろうか? ま … 続きを読む


3月16日 さよなら300系

鉄道車両が営業運転を終え現役を引退するときや、その路線が廃止になるときになるとわかると、見物に行ったり、写真を撮りに行く鉄道ファンのことを、俗に「葬式鉄」などと呼ばれることがある。 僕は別にそういうつもりもないのだけど、 … 続きを読む


3月14日 3453 ある結果報告

先日、駅に向かう途中の信号待ちをしているとき、電柱に貼り紙がしてあるのに気がついた。 それは、飼っていた犬がいなくなり、見掛けた人は連絡を…というものだった。 犬の愛らし表情を見ていると、飼い主の不安が伝わってくるようだ … 続きを読む


3月13日 基本はかんたん配色のルール/内田 広由紀

基本はかんたん配色のルール―好かれる配色は9つのルールでつくられる (DESIGN BEGINNER SERIES) 内田 広由紀 視覚デザイン研究所 タイトル通り、配色にはルールがある。 配色を考えるときに必要なことは … 続きを読む


3月12日 レンズが撮らえた幕末明治日本紀行/岩下 哲典

レンズが撮らえた幕末明治日本紀行 岩下 哲典 山川出版社 銀板写真が発明されたのは1839年。そのわずか4年後の1843年、日本に写真の機材が持ち込まれているそうだ。 日本において、本格的に写真が撮られるようになってきた … 続きを読む


3月11日 鎮魂と追悼のライトアップ

2011年3月11日から、今日で1年ということで、東京スカイツリーが鎮魂と追悼の思いを込めて、ライトアップをしていたようです。 ニュースで知りました。 高いところに上がって見てみたら、あまり空気が澄んでいないせいか、ぼぉ … 続きを読む


3月10日 3452 震災365日目

震災から1年という節目を迎えることもあって、いろいろなところで、関連した企画が行われたり、新聞などの記事で特集が組まれたりしている。 震災から、今日で365日目。 誰もが、いろいろな思いをもっていることだろうが、被災され … 続きを読む