3387 安楽死体験

こんな夢を見た。

夢の中では、それは望んだことでだったようだ。

白衣を着た男性は医師だろうか?

小さな注射器を持つ手が見えた。針を刺されるところを見るのが苦手なのは、夢の中でも同じだった。

それは予防接種を受けているような気軽な感じだった。

夢の中のぼくは、これでようやく楽になれると思っていた。

そして、薬が身体に回り、ゆっくりと意識が…

意識は遠のかずに、身体が動かなくなることの違和感ばかりが、気になり始めた。

身体を動かしたいのに、動かせない!

自由が利かない!

助けて!

死ぬのだから当然なのに、自分の意思で動けないという状況になって知ったのだ。

死は怖くないと思っていた、ぼくが、初めて、死というものの恐怖を味わうこととなったのだ。

・・・

そこで、目が覚めた。

2 thoughts on generic kamagra online3387 安楽死体験

  1. 健常な精神状態であれば死に対して恐怖を感じるのは当然の感情だと思います。
    それにしても夢に出てくるとは。
    安楽死あるいは死そのものに対して何かしらの思いがおありだったのでしょうか?
    いずれにせよ死ぬときでないと味わえないであろう感覚の体験、貴重だと思います。

    話は変わりますが…
    自分が死んだ夢をみると反って長生きする(逆夢)という説がありますので
    ろんさんは長生きされるのではないかと。

  2. ≫ がんちゃん
    かなり、リアルな夢でした。 たいてい夢を見るときは、そのきっかけに
    なるのようなものを見たり、体験をしてるものですが、今回は、どうも
    心当たりがないのです。かなり不思議な夢でしたが、いい経験をしました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください