3994 無意識の恐怖

全日空機が、約2000メートル近く急降下し、客室乗務員が軽傷を負ったというニュースの続報。 その急降下の際、一時、上下逆さまになってしまったという。

国交省運輸安全委員会から、そのときの状況をCGで説明があったそうで、それを見ると点

一瞬、これは怖い!と思ったが、急降下中の機内では重力が掛かって、上から(実際は下から)押さえつけられた状態だったはずなので、大きな被害は出なかった。

あと、乗客からの指摘ではなく、いまさらこういうことが伝わってきたのは、飛行時間が夜で、窓から周囲の状況が見えず、乗客が気づいていなかったからなのかもしれない。

それにしても…と思う。

そもそものきっかけが、機長がトイレに行ったということだった。副機長が、機長を操縦室に入れる解錠のスイッチを誤って、別のスイッチ(方向舵調整スイッチ)を操作してしまったという、なんともひどい話。

操縦室の解錠スイッチ(ドアスイッチ)と、方向舵調整スイッチ(ラダートリムコントロールスイッチ)を間違えるなんて。

そんなに間違えやすい場所に、それぞれのスイッチがあるのか?と思ったら…

普通なら、間違えるってことは無いだろう。

きっと無意識だったのではないだろか?…でなければ、困る。無意識でも困るけど。

意識しない動作だったら、どんなことでも起きうる…ってことがよく分かる。

…っていうか、2時間くらいの飛行時間なんだから、トイレになんか行くなよ…という意見には同意。

2 thoughts on nolvadex 20 mg3994 無意識の恐怖

  1. 生理現象ゆえ仕方がないとは思いますが…
    やはりヒューマンエラーか、と思わずにはいられませんでした。
    大事故に至らなかったことは不幸中の幸いでした。
    精密機械が空を飛んでいるのですから、こんな単純ミスは今後ごめんこうむりたいです。

    …と、一般的な見解を述べた上で非常識なことを述べますが。
    個人的には背面飛行&2.6Gを体験してみたかったかな…とも思いました。
    こんなことでもないと経験できないと思いますので。
    楽天的な考えで申し訳ございません。

  2. ≫ がんちゃん
    たしかにどうしようもないときもあるでしょうが、たとえば、東海道新幹線の、
    のぞみだったら、最低2時間半は、ずっと一人で、運転席に座っていなければ
    ならず、トイレに行くという選択肢もないのだから…って思ってしまったんですよね。
    イレギュラーなことがなければ、今回の問題も起きなかったわけで…
    ただ、背面飛行ってどういう感じだったのかな?という興味があるのは
    僕も同じです。でも実際に経験してみると相当な恐怖かもしれませんね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください