ソラリーマン―働くって何なんだ?!/青山 裕企

■趣味・実用・人生論, 趣味・実用・人生論, 龍的図書館

ソラリーマン―働くって何なんだ?! ソラリーマン―働くって何なんだ?!
青山 裕企

ピエブックス 2010-02
売り上げランキング : 113593

Amazonで詳しく見る by G-Tools

図書館で、何気なく手にした本。

サラリーマンが、跳ねてる表紙。

ページをめくってみると、やっぱり、何人ものサラリーマンが、跳ねてる。

サラリーマンはもちろん、国会議員から医者、大学教授、レスキュー隊の隊員や芸能プロダクションの代表など、「働くとは何か?」という問いに対する、さまざまな、仕事観、サラリーマン像が語られている。いくつか気になるコメントを挙げてみる。

サラリーマンとは?

会社に雇われた傭兵
歯車じゃないと意味がない

仕事は?

楽しくないと断言
義務感から
あって当たり前
大好きだからやっているわけでもない。でも仕事を覚えたら職場に情がわいてきた。

会社は?

団体戦

働くということは?

社会貢献だ
プロとしてお金をもらっているということ。そして、プロならば「これでいいのだ」と見切りをつけられるということ
働いている人が楽しく感じないと良いものはつくれない
働くことは、人が動くこと

体をこわして、大切なことがわかったという人もいる。

働いている人の数だけ、歴史があり、思いがある。

いろいろな、意見を聞いてみるのもたのしい。

Posted by ろん