3242 クールビズ、在宅勤務、仕事の意識

今日から6月。

衣替えにあわせて、一部では、今日からいわゆる“スーパークールビズ”として、かなりの軽装で勤務が認められるようになった。

自分の勤務する会社でも、同様の対応が認められるようだ。

しかし、以前も書いたが、僕自身は暑くても、ネクタイをしていたいと思ってしまうので、暑くてどうしようもなくなるまでは、クールビズとは逆行した姿で仕事をすることになるかもしれない。どうも、ネクタイをしないと仕事をした気にならない。

さらに暑くなってくれば、いよいよ電力の使用制限が始まり、サマータイムや在宅勤務などが始まることになる。

震災直後のわずかな期間だったが、在宅勤務をしたことがある。

このときに思ったのは、通勤せずに楽でいい…ということよりも、出社していないことによる不安だった。

出社をすれば、仮に何もせず?席に着いてるだけでも、それなりに仕事ができた感覚になる。

もちろん“何もすることがない”…ということはないが、少し手が空けば周囲の同僚の状況を見ながら、いま取り組んでいる仕事の話をしたり、他の同僚にところに足を運んで話を聞いたりすることはできる。

しかし、在宅勤務では、そうはいかない。

実際、出社しても、打合せがないようなときは、一日中パソコンに向かって仕事していることもあるし、同僚と特に話をすることなく過ごすことだってあるのだから、理屈の上では、自宅でも充分仕事はできるはずだ。

しかし、感覚的には違う。

自宅にいると、純粋に、その“時間あたり”の成果だけが問われる気がする。

これは、出社しようが、しまいが、全く変わらないのだけど、違う気がするのだ。 「定時に出社してきた」ということ自体が、仕事の一部になっている気がする(もちろん違うのだけど)

今後、在宅勤務が一般化すると、会社としての評価は、より厳しくなってくるかもしれない。

そもそも、ネクタイをしないと仕事をした気にならないというところから、意識を変える必要があるのかも。

2 thoughts on order ca levitra online3242 クールビズ、在宅勤務、仕事の意識

  1. 職場によってはポロシャツどころかアロハシャツでもOKのようで…
    節電に努めることは良いと思いますが、対人面で服装は少し気にもなります。
    相手に不快感を持たせては問題ですし…
    そういう意味でも、仕事をしているという気持ちの面でも日常生活(プライベート)
    との「気持ちの切り替え」は必要だと思いますので
    ろんさんのようにネクタイの有無に囚われるのも仕方がないような気がします。

    確かに在宅勤務では「仕事に束縛される時間」の勘定が気になりますね。
    効率よく進められるならば短時間で終えることができてもよいわけですし。
    純粋に仕事の処理能力を問われているようで少し怖いです。

  2. ≫ がんちゃん
    そうですよね。やはりふさわしい服装というものはあると思います。
    ただ、できることならば、形に囚われずに、質とか中身が充実した
    仕事ができるといいなと思います。 まぁ正直言って、形から入っても、
    あんまり変わらないという説もありますが…(笑)
    在宅勤務が普通になってくると、いよいよ評価が成果主義になっていく
    ことになりそうですよね。 …どうなっちゃうんだろう…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください