すごい虫の見つけかた/海野和男

すごい虫の見つけかた すごい虫の見つけかた
海野和男 文・写真

草思社 2009-07-28
売り上げランキング : 537768

Amazonで詳しく見る by G-Tools

夏休みには、よく昆虫採集をした。

昆虫採集と言っても、目的はあくまで“飼うため”なので、自分が飼いたいと思う昆虫ばかり探していた。

探すのは、もっぱら、カブトムシやクワガタムシなどで、それ以外の昆虫は、あまり眼中になかった。

標本でも作ろうという気もあれば、より多くの種類の昆虫を探すこともあったかもしれないが、標本作りという行為自体が、なんだか、昆虫がかわいそうな気がして、する気になれなかったのだ。

そのためか、昆虫に対して興味はあれど、あまり詳しくはない。

本書のタイトルは“見つけ方”だが、タイトルのように、“見つけ方”のテクニックを教えてくれるというわけではなく、“楽しみ方”を指南している感じ。

美しさを楽しむ、飛んでいる姿を楽しむ、身近な昆虫を楽しむ、擬態を楽しむ、習性を楽しむ…と、5つの章に分かれ、さまざまな昆虫の“楽しみ方”が紹介されている。

昆虫の珍しい生態の一瞬をとらえた写真から、独特の生態の紹介まで、見ても読んでも楽しい本だった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください