3104 正解もゴールもない

日々生活していると、いろいろな問題が自分の前に立ちはだかる。

その問題をなんとか解決しなければならない。

問題解決のためには、最終的な正解やゴールについて考える。そして、これらにたどり着くまでの、ある程度の道筋を考えることになる。その道筋に沿って問題を解決するのだ。

ただ、最近思うことがある。

さまざまな手を尽くしても改善せず何をやっても解決しないとか、交渉相手がいとも簡単に前言を撤回し、これまでの主張が覆されたりとか…

そんなことが多々あると、どんな問題であろうと、正解とかゴールなんて、実は、そんなものは、ないんじゃないか…という気がしてきた。

もちろん、外交問題のような、複雑な問題については、そう簡単な解決方法などはないと思うが、日常起きるようなレベルの問題には、必ず何かしらの正解とかゴールがある…と思っていた。

しかし、そういった問題でも、正解やゴールはないと考えた方が、精神衛生上いいような気がしてきたのだ。

でも、人間は、目標がなければ生きられない動物だ。目標を失えば、人は迷い、前に進むことができなくなってしまう。

だから、正解やゴールは存在しないという前提で、合っている合っていないという話ではなく、人としてのモチベーションを持つ目的で“仮の”正解やゴールを設定し、その目標に向かっていくというふうに考えるようにした。

  • “正解”なんてない
  • “ゴール”なんてのもない
  • 代わりにあるのは“やらないよりまし”レベル
  • 何もないんじゃ困るから、あくまで“仮の”正解やゴールを決める

その程度で軽く考えていた方がいいのかもしれない。

3 thoughts on how to get viagra3104 正解もゴールもない

  1. ゴールを目指して行動する。というのが当たり前と思ってたのですがここ10年くらい、その行動自体が手段ではなく目的の場合もあるのねえ。と子供のように
    気づく自分もいたりします。

  2. 正解も答えも、自分で勝手に作るから、つらくなるんだよ。こうすべき、こうあるべき。
    そんなの初めからないのにさ。
    自慢じゃないが、私は少し前から気づいてましたよ。

  3. ≫ ぶり さん
    行動自体が手段ではなく目的の場合がある…そうなんですよね。
    でも、頭ではわかっていても、現実だとこうは割り切れないときもあります。

    ≫ 兵ちゃん
    なんらかのゴールを決めた方が、やっぱり行動はしやすいんじゃないかな?
    …なんて気もしてます。
    でも、こうするべきとか、こうあるべきということに縛られるのは、まずいよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください