2952 リンクを辿ってマニアックな?世界へ

PC・携帯・ネット, 芸能・メディア・広告

昨日、体調不良で朝から寝ていたら、ふと目が覚めたので、ラジオ(正確にはiPhoneだが)をつけた。すると、懐かしい音楽が聞こえてきた。

TBSラジオ「小沢昭一の小沢昭一的こころ」という番組だった。かつて夕方に放送していたのだが、現在はお昼にやっているようだ。番組について詳しく知ろうと思い、この番組をWikipediaで調べてみる。さらに懐かしい話が載っていたが、気になったことがあると、どんどんリンクを辿ったり、新しい語句を検索してしまう。

この番組は、ワイド番組のひとつのコーナーとして放送されているというので、「大沢悠里のゆうゆうワイド」を検索。

ジャンクション以外に、コールサインを流す習慣がないTBSラジオで、パーソナリティーの大沢悠里が J ・ O ・ K ・ R とコールサインを読み上げるという記述を発見。

このジャンクションという言葉が気になって、リンクを辿る。

放送法では、以下のように定められているという。

『放送局は、放送の開始及び終了に際しては、自局の呼出符号又は呼出名称(国際放送を行う放送局にあつては、周波数及び送信方向を、テレビジョン放送を行う放送局にあつては、呼出符号又は呼出名称を表す文字による視覚の手段を併せて)を放送しなければならない。』

これを呼んで、ふと思い出した。テレビの放送開始と終了は、なんだか独特の…いや、むしろ怖い感じの映像が見られたということを。

最も有名なのは、日本テレビではないだろうか? …なんとなく。

TBSは怖すぎ。

すみません…ネタがマニアックすぎて、もう誰も読んでくれない気もしてきたが、構わず続けます。

テレビ朝日のオープニングはこれだった。

この歌に歌詞があったのは知らなかった。しかも、これは「テレビ朝日の歌」(阿久悠作詞、小林亜星作曲)というらしい。♪新顔ですね~仲良くしましょう~ という、テレビ朝日が後発のテレビ局であったことを示す歌詞もあって、興味深い。

エンディングはこれだった。

来年にはデジタル放送に完全移行してしまうことが決まっているということは、将来、テレビ朝日が10チャンネルだったいうことを知っている人はいなくなってしまうんだなぁ…としみじみ。

実は、まだまだ、話は続くのだが、今日のところはこのへんにしておく。

Posted by ろん