2924 10カ国大使夫人のガーデニング

旅行・見学・イベント, 芸術・デザイン

ホテルオークラで開催されている、「10カ国大使夫人のガーデニング展Web魚拓を見学。

ジャマイカ、フィリピン、カンボジア、モロッコ、ノルウェー、サモア、アメリカ、ギリシャ、ヨルダン、ブルガリアの10カ国の大使夫人が参加しているイベントで、今年で11回目のチャリティーイベントだ。

会場は、ホテルオークラで最も広い“平安の間”だ。

こんなところでガーデニングショーをやってしまうというのも、ちょっとチャレンジングな感じだ。

お昼前ではあったが、すでにかなりのお客さんで賑わっていた。


アメリカ合衆国~ホワイトハウスのキッチンガーデン

オバマ夫人が実際にホワイトハウスで菜園を設けているらしく、それと同じイメージで作ったのだそうだ。だから畑がある。

ブルガリア共和国~香りと実りのカントリーガーデン

ブルガリアというとヨーグルトくらいしか思いつかないのは、我ながら情けないが、展示はとても落ち着いた感じで、ブルガリアってこんな感じなんだろうなぁ…と思わせるには十分だった。

フィリピン共和国~フィリピンの田舎、バハイクボのある風景

ブルガリアと地続きで、フィリピンへ。タイトル通り、フィリピンの雰囲気を良く表しているのかもしれないけど、ちょっとガーデニングとは違うかなぁ…という感じがしてきた。マネキンもいるし。

さらに奥に入っていくと、徐々に雰囲気が変わってくる。

なにやら神々しい光が…

カンボジア、サモアと続くこのあたりは、もはやガーデニングではなく、まるで熱帯植物園か、万博かテーマパークの“国紹介コーナー”みたいな様相を呈してきた。

ジャマイカのタイトルは、そのものズバリ「熱帯の神秘的なガーデン」というだけあって、もはやジャングルだった。

モロッコ~マラケシュ 香浴の庭

これまたモロッコも詳しくは知らないが、展示を見ていると、だんだんとモロッコらしいって思えてくるから不思議。単に思いこみが激しいだけかもしれないけど。

ギリシャは、神殿をイメージした作品、ノルウェーは、暖かみのある木造家屋を背景に置いた作品が展示されてていた。

「大使夫人のガーデニング」…というのも、大使夫人にとっては、結構難しい課題になるだろう。そもそもガーデニングが得意じゃない大使夫人もいるだろう。ガーデニングという言葉をそのまま受け止めれば、もしかすると、なんの変哲もない、“つまらない”作品になってしまうかもしれないし、お国柄を出そうとすると、ガーデニングとあまり呼べないような作品になってしまうわけだし…。

会場出口は、今回のイベントの関連グッズ売店コーナーを、必ず通り抜けないと出られないようになっているところが、ニクイ。“出口”ではなく、“お開き口”となっているところは、さすがホテル?だけある。

Posted by ろん