2855 幸せの向こう側

「楽しい」と思った瞬間、「次はつまらないことが起きる」と思ってしまう。

「嬉しい」と思った瞬間、「次は悲しいことが起きる」と思ってしまう。

「幸せ」と思った瞬間、「次は不幸が起きる」と思ってしまう。

だから、いつも心のどこかで、次に起きるであろうイヤなことが頭の片隅にあるのだ。

もちろん、楽しいことだって、嬉しいことだって、幸せだって、決して長くは続かないのは当然のこと。永遠なんてないのもわかっている。

だったら、そんなにつまらないことを考えても仕方がないとは思う。

楽しいときは楽しめばいい。嬉しいときは嬉しいと思えばいい。幸せと思ったときは幸せと思えばいい。理屈ではわかっている。

でも、いろいろ考えてしまう性格なので、やはり気になってしまう。

幸せの向こう側には、本当は何があるのだろう?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください