2658 沈黙

日常生活

別に行かないと決めているわけじゃないが、めったに飲み会に行くことはない。

昨日の夜は、かなり久しぶりに、日ごろ一緒に仕事させてもらっている会社の方との懇親会(=飲み会)だった。

東海道線のガード下

あまりお酒は飲めないけど、人となりを知るのはいいもので、楽しい時間を過ごさせてもらった。

こうした飲み会の席で、気になることはいろいろあるけど、一番気になるのが“沈黙”だ。

話と話の間に訪れる、一瞬に沈黙…。これがどうも苦手だ。

別に、その場はその場でやり過ごせばいいんだけど、妙に緊張するというか、意識してしまうのはなぜだろう?

「何か話題を出した方がいいかな?」とか…
「いま自分は食べるのに忙しいんで!(話はできないよ)」みたいな…

いろいろ考えてしまう。

参加人数がある程度多くなると、席の配置にもよるが、話のグループが分かれることがある。こうなると一斉に沈黙する確率は減るが、それでも最小公倍数的に話の間隔が揃ってしまって、全体が沈黙してしまうこともあるから、安心はできないのだ。

これは、気にするかしないかの問題であって、そもそも気にしなければいいんだけど、飲み会の席では、酔うことはまずないため最後まで冷静でいることが多い。だから、こんなことが気にしてしまうのかもしれない。

もちろんちゃんと楽しんでるので、どうかご心配なく。

Posted by ろん