2649 ドラマ“MR.BRAIN”は、ちょっと欲張りすぎ?

芸能・メディア・広告

【MR.BRAIN(ミスターブレイン)】
 -TBS系 土曜日19:56 – 20:54

かつて、TBSの毎週土曜日の夜8時と言えば、「8時だヨ!全員集合」の時間だった。

それが今までは、いつの間にか、ドラマの枠になっていたようだ。

久しぶりの木村拓哉主演のドラマということで、開始前からTBSの力の入れようはすさまじく“賭けている”感じがひしひしと伝わってきた。

で、初回から何話か視聴した印象だけど…

まず思ったのは、出演者がとても豪華だったということだ。「え、こんなところにあの俳優が!?…」といった楽しみはあるけれど、どうも使いこなせていないというか、俳優たちの個性を生かし切れていないような気がした。出演者が豪華だと、どうしても一人一人の出演時間もセリフも短くなる。主役や準主役以外で、唯一印象に残る演技をしてるのは、浜木綿子の息子、香川照之くらいだ。

そもそも、このドラマの根幹をなしているのは、タイトルにあるように“脳”だ。一時期“脳トレ”に代表されるように、ある種の“脳ブーム”となったが、それを追いかけているとしたら、ちょっと時代遅れの感は否めない。

トリックも少々安直で、全体的に脚本も甘くツッコミどころも多い。

キムタクも水嶋ヒロも、その他豪華俳優陣も、そしてさらに、脳に関する豆知識も…といった感じで欲張りすぎている気がする。もったいない。どこかに集中すべきだろう。このままだと虻蜂取らずになってしまう。

Posted by ろん