昭和30年代モダン観光旅行/長澤 均

4062149753 昭和30年代モダン観光旅行
長澤 均

講談社 2009-02-26
売り上げランキング : 21532

Amazonで詳しく見る by G-Tools

著者が個人で収集した、昭和30年代の膨大な種類の絵はがきを振り返り、当時の世相を見ながら、日本中を旅する。

いまでも、ちょっとした観光地に行けば、観光地周辺を紹介する“絵はがき”が売られている。でも、実はそれらは“絵”ではなく“写真”はがきだ。

ここで紹介されているのは、もともとは、写真なのだけど脚色や着色するような細工がなされ、現実には存在しない“絵”となったはがきであり、まさに、正真正銘の“絵はがき”になっている。

本書では、当時の状況に関する詳細な解説もあってとても興味深いが、なにより膨大な絵はがきの紹介は、とても見応えがある。

日本を代表する観光地の絵はがきはもちろん、いまでは考えられないモノまでが絵はがきとなっている。

関門海底国道トンネルや、阪神電鉄の初の大型高性能車両が絵はがきになっていたり、飛行機のファーストクラスをとらえた絵はがきでは、なぜか畳の上で靴を履いたままになっていたり…。

昭和30年代といえば、戦争の荒廃から復興し高度経済成長に向けて、日本が勢いづいてきたころだ。旅行も少しずつ、一般化、大衆化してくる。現代から見たら、かなり古めかしく牧歌的だが、そこには当時の憧れも含まれていたようだ。

本書の解説で知ったのだが、各地にあるロープウェイは、1955年から10年間にもっとも多く造られたそうで、まさに昭和30年代の乗り物なのだ。当時の映画でも、なんの脈略もなくロープウェイが登場したように、当時の人々のあこがれであったそうだ。

昭和30年代は、日本中の誰もが憧れがある時代だったのだ。そんな時代をちょっと羨ましく感じた。

2 thoughts on women and cialis昭和30年代モダン観光旅行/長澤 均

  1. 今回の引っ越しに先立ち、今まで収集してきた絵葉書を処分しました。
    中には失われた景色もたくさんあり、処分するには惜しいと思いましたが
    紙の劣化はどうしようもありませんでしたので…

    絵葉書ほど歴史を語るものはないと思います。
    古き良き時代を懐かしがっているだけなら考えものですが、
    当時の空気や息遣いを体感できるという意味では貴重な記録でしょうね。

  2. ≫ がんちゃん
    自分で撮った写真もいいですが、絵はがきは、旅から帰ってきたとき、
    一緒に出掛けられなかった人と、旅を共有できる格好のツールだと
    思います。名所はまんべんなく網羅されてますし。
    古い絵はがきは、当時の雰囲気をそのまま伝わってくるようで、
    見ていて楽しかったです。
    劣化は仕方がないとはいえ、ちょっともったいなかったですね…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください