2485 2年

ハムスター, 物思いに耽る(雑感)

7月7日は、かつて実家にいたポメラニアン“テール”の誕生日だった。

そして、2年前に天寿を全うしたハムスターりぶの命日。偶然とはいえ、不思議な何かを感じる。

そんな今日、お墓参りに行ってきた。

お墓の周りは、多少、木々が大きくなったかな?といった程度で、これといって大きな変化はない。

木にとっては2年なんて、取るに足らない時間かもしれない。

ハムスターにとっては、2年というのは、一生分に近い時間に相当するわけだから、とても長く感じるかもしれない。

人間にとっては、2年という月日は、長いようであっけなく過ぎ去る時間。

僕にとってはどうだろう?

まだ2年?

もう2年?

Posted by ろん