2401 この世に“本当のこと”なんて存在しない

この世に“本当のこと”なんて存在しないと思うことがある。

あるとしたら“自分が信じたこと”を真実と呼ぶ」ということだけで、実際に起きた出来事かどうかなんてどうでもいいことなのだ。だから人の数だけ“本当のこと”が存在するということになる。もっとも、人はそれを“思い込み”というかもしれないが。

ただ“本当のこと”がいくつもあると人間の生活が成り立たなくなるおそれがあるので、多数決でもっとも多い意見を“真実”と呼んでいるにすぎない。

なにかのトラブルで、関係者間の主張が真っ向から対立することがある。どんなにこちらが説明しても一歩も引いてくれないようなとき、それは、おそらく相手が言ってることは“本当のこと”なのだ。 もちろん、こちらの主張も“本当のこと”であって、それは共存する。

仮に、明らかに相手が誤解や誤認していると、こちらが気付いたとしても、相手にとってはそれが本当のことであり、真実なのだから、それを覆すことは大変な労力だし、こちらも無用な手間をかけることになる。

だから、ちょっと考え方や接し方を変えて、相手は“本当のこと”として認識しているという前提で話をすれば、少しは問題可決の糸口が見えてくるような気がするがどうだろう?

3 thoughts on buy kamagra from india2401 この世に“本当のこと”なんて存在しない

  1. 人によってそれぞれ解釈は違いますので、そういう意味で“真実”は無限大に
    存在すると言えるでしょうね。
    だからといって相手の“真実”を立てると自分の“真実”はないがしろに
    されたようでなんとなくイヤだと思ってしまう私…
    考えるほどに哲学的思考にはまり、自分のエゴまで丸裸にされてしまうジレンマ。
    それでも自己主張の激しい私は自分にとっての真実を信じ続けるのでしょう。
    “当然”という言葉の重みをひしひしと感じます…

  2. 【真実】は存在すると思いますよ。
    これも、人の言葉における価値観の違いなんでしょうね。

    暗黙知の日本人気質では、そういうことがよくあると思います。
    一語一句というくらい責任範疇の線引きをするような欧米とは、民族性の違いだと感じます。甲乙つけ難い。島国気質の良さがもっと発揮される日本になれば
    いいのになぁ~って思います。

    1つ言えることは、信じられるのは自分だけ。
    あ、言い換えると、自分を信じてあげよう?
    寂しいけど、社会はそう思わないと生きていけない気がします・・・

  3. ≫ がんちゃん
    相手にとっての“真実”を侵犯してまで、自分の真実を
    主張しすぎることがあってはならないと思います。
    でも、残念ながらそういう思想を持つ人が散見される
    ような気がしてなりません。ここ最近の世の中は、そうした
    お互いの違いを認め合う余裕がなくなってきているような
    気がします。

    ≫ モチモチ さん
    本来は自分を信じなきゃいけないんだろうけれど、
    自分自身が一番怪しかったりするんですよね(苦笑)
    自信を持ちにくい自分でも、相手の考え方をどうしても
    理解できないときが結構あります。あまりの理不尽さに、
    つい、いらついてしまうときがあります。そんなときは、
    相手もまた別の真実を見ているのだと思うと、
    少し落ち着くのです。ある種の防衛本能かもしれません。
    なかなかうまく表現しにくいのですが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください