2384 回送いろいろ

この写真は別のときに撮ったもので、回送中ではありません。

先日見かけた回送中の国際興業バス。

バス前面上部の行先表示には、回送という文字の下に Forward という表示があった。

回 送
Forward

Forward…

なるほど、フォワードは転送するということから、回送という意味として使っているようだ。でも、辞書で調べてみると、これは動詞のようだから、使い方が適切とは言えないような気がする。

これを見てふと思い出したのだが、この、回送表示は、バスや電車によって、さまざまな表示があるということだ。

回 送
Out of cheep viagra uk Service

 

回 送
Not in Service

どこのバスだったか忘れてしまったのだけど、「Out of Service」や「Not in Service」なんてのは比較的よく見かける。 変な日本語だけど“サービスの外”とか“サービスしてない”ってことで、結果的に回送を意味しているようだ。

以前見かけた東武鉄道の回送表示にはビックリした。


 

回 送
DEAD HEAD

死んだ頭?

うーん頭が死んでいれば、お客様を運ぶことはしないから、回送? かなり無理があるけど。とにかく、これも回送という意味のようだ。

会社によって、これほど表現がまちまちなのも面白い。

2 thoughts on “2384 回送いろいろ

  1. 一般的には“Out of Service”だと思います。国際興業バスの“Forward”は私も馴染みが無いですね。
    (同社で“Out of ~”表記のバスを見かけたこともあります)
    意味が通じれば問題ないのかもしれませんが、なにぶん公共機関ですので
    正しい言葉使いであるかを事前にチェックされているのかは気になりますね。
    “DEAD HEAD”って…う~ん…以前、成田空港に表示されていた“ALIEN”的な
    表現なんでしょうか?あまりいいイメージを抱かないかも。

  2. ≫ がんちゃん
    日本語では“回送”という一言なのに、英語では
    あまりにいろいろな表現があるので、ちょっと
    気になっていたんです。実は、鉄道の種別についても、
    書こうと思っていることがあるので、こちらは
    またの機会に。
    それにしても「DEAD HEAD」の、おどろおどろしさは、
    最初見た時、ほんとに目を疑いました。たしかに
    「ALIEN」にも通じるものがありますね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください