2365 会議開催時間

日常生活

会社での会議を開催するとき、一番大事なのは、その中身であることはいうまでもないが、それと同じくらい重要なのは、会議室の確保だ。慢性的に会議室が足りないために、会議室が開いている時間に会議自体をあわさざるを得ない。

でも、もし会議室に余裕があった場合も気にしなければならないことがある。その開催時間だ。何時だって良いわけではない。

順位 時間帯 コメント
5 9~10 準備の時間が少ない
10~11 問題なし
2 11~12 お昼に掛かる恐れ
12~13 (お昼)
4 13~14 昼食が慌ただしくなる
3 14~15 眠い(※)
6 15~16 宿題を抱えると対応の時間が短い
7 17~18 上記を含む、会議が長引く恐れ

1時間ごとにその優劣を考えてみた。
その結果、最も会議に適した時間は10時~11時ということになった。この時間であれば、朝出社してから多少準備のための余裕があるし、後ろに時間が延びても、お昼までには時間がある。逆に最も避けたいのは17時を過ぎた会議だ。さらに18時を過ぎたものになると、終わりにするきっかけが掴みにくいので、ずるずると後ろに延びてしまうこともある。

3位にランキングした、14時台は、かなり眠くなるので、会議の内容によっては避けなければならないが、逆に重要な会議であれば、むしろこの時間帯の方がよい場合もある。午前中に十分な準備もできるし、重要ゆえに眠くならずに済む。

できれば避けいたのが、13時からの会議。お昼時くらいゆっくりしたいではないか。13時から予定が入ると、どうしても昼休みがいつも異常に短くなってしまう。

かなり、くだらない話なので、あまり真に受けて読まないように。

Posted by ろん