2228 あれから一年

7月7日は、七夕であると同時に、去年短い命を終えた、ハムスターりぶの命日だ。

今朝、起きてからすぐに、りぶのお墓に行ってきた。

お墓といっても、特に目印を置いているわけではないので、見た目はまったくわからない。けれど、その横にケヤキの木が伸びているので、だいたいの場所はわかる。

お墓のある場所は、ケヤキは、以前と何も変わることなく、青々と葉を茂らせていた。

実は、ここしばらくお墓参りは行っていなかった。

1年前。あんなにつらく悲しかったのに、今の平然としていられる自分にちょっと戸惑いながらも、あっという間の1年を振り返った。

いまでも、ハムスターや小さな動物を見ると、やっぱり、りぶのことを思い出す。

またハムスターを飼おうか…と思っても、やはりどこか、りぶのことが頭から離れずに、ふんぎりがつかないまま。

あれから1年。りぶのことを思い出してくれる方もいて、とても嬉しかった。きっとりぶも喜んでいると思う。

これからも、七夕の訪れとともに、りぶのことを思い出すだろう。

2 thoughts on order levitra drugs usa2228 あれから一年

  1. もう1年ですか…早いものですね。
    りぶちゃんもだいぶ向こうの世界に慣れたでしょうか。
    動物がいると癒されるけど、お別れするのが辛いのですっかり飼わなくなってしまいました。

    実家にはコロという短足犬がいますが、彼もかれこれ15歳。
    まだまだ元気に走り回るけど、散歩の時ヨロヨロする事も多くなりました。
    コロもいつかはいなくなっちゃうのかなぁ…

  2. ≫ kinoko さん
    お別れは、生き物にとって必然なのですが、
    どうしても、つらさが先に立ってしまいます。
    もちろん、それ以上に与えてくれるものも
    多いはずなのだから、気にしすぎちゃいけないんで
    しょうけど…。

    15歳っていうと、結構な歳ですね。
    元気な時と比べるとさすがに衰えは出てきますね。
    そんな様子を見ちゃうと、やっぱりつらいですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください