2059 身体が固い

僕は周囲がびっくりするくらい昔から身体が固い。どれくらい固いかというと、立位体前屈の記録がマイナス、背中に回した両手がつなげない。

今でこそ、特に身体が固いことで困ることはあまりないけれど、人間が類人猿から進化したてのころは、身体の固さは生きていく上で致命傷につながったはずだ。

狭い洞窟や隙間に手を伸ばして何かを手に入れたり仕留めるにしても、背中に何か得体の知れない動物がとりついたとき(!?)外そうと手を回すにしても、身体が固ければそれも難しいだろう。ほんとにそんなことがあるかどうかはともかく?少なくとも身体の固いということでのメリットは全くないとは言える。

逆に、かつて人間が類人猿から進化したてのころ必須だった機能が今でも残っているために、むしろ生きにくくなってることってなんだろう?

野生の獲物を仕留めるときの瞬発力…とか?

ふと思ったのが“カッとなる”瞬間というのは、もしかしてそうした瞬発力に通じるものがあるのではないか?…と。かつては必要な能力だったかもしれないが、今となっては、無用の長物となってしまったのかも。

身体が固い人もカッとなりやすい人も共に生きていく世の中。いろいろ大変だと思うけど、仲良く頑張って生きていきましょう…。

2 thoughts on order cialis professional now2059 身体が固い

  1. 柔軟性があると怪我が少ないとも言われていますね。
    まだ少し(?)先のことですが、老後の生活を考えると
    今のうちに体をやわらかくしておく必要はあるかも…
    (頭もかな?)

    “カッとなる瞬間”…いわゆる闘争心でしょうか?
    確かに状況によっては無ければよかったかも、と思います。
    戦争がその例ではないかと。

  2. ≫ がんちゃん
    そういえば、怪我が少なくなるって、聞いたことが
    ありました。“いまのうちに”やっておくことって、
    ほんといっぱいあるもんですよねぇ(苦笑)

    そうですね、闘争心もそうですね。それが過激に
    人間同士に向かわなければ、それがそのまま、
    向上心につながっていくとは思うのですが…
    なかなかうまくはいかないものです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください