ルナティック雑技団(1~3)/岡田 あーみん

■コミック, 龍的図書館

4088537211 ルナティック雑技団 (1)
岡田 あーみん

集英社 1994-03
売り上げランキング : 6754

Amazonで詳しく見る by G-Tools


 パンダさんから借りた少女漫画。作者の岡田あーみんと言えば「お父さんは心配性」を思い出すが、この本書もかなり人気があるらしい。「お父さんは心配性」では、娘の典子をボーイフレンドの北野から守るためなら何でもありというハチャメチャなストーリーだった。
 この「ルナティック雑技団」は「お父さんは心配性」のテイストと、ラブコメディとしてのドラマ性も併せ持ったようなストーリー?で、すっかりはまってしまい、一気に読んでしまった。

 ヒロイン「星野夢実」、孤高の貴公子「天湖森夜」、学園のスーパーアイドル「愛咲ルイ」を中心に、森夜の母である「天湖ゆり子」や、森夜をめぐって恋のバトルを繰り広げる「成金薫子」やその執事「黒川さん」、結局何の役にも立たなかった「ミスターX」などなど、個性的なキャラクターたちがとてもいい味を出している。

 あまりにありえないストーリーなのに、どこか親近感や感情移入できてしまうのは、岡田あーみんの実力のなせる技か? 最終話はちょっと淋しい?結末だし、番外編以降でもヒロイン夢実の動向は分からずじまいということもあって、どこか物悲しい気持ちにもなった。

 読後感は、まるでとても楽しい夢を見て、まだ続きを見たいと思う…そんな感覚。

(2005.2.12) 【★★★★★】 -06/02/12更新