1514 さすが…な、広告

定点観察

なるほどなぁ…

    [] 852 さすが…な、広告

     広告というものは、広告するサービスや商品を欲しいと思われる人に対して、適切に行われることが何より大切。せっかくたくさんの広告費を投入しても、無関係な人に広告していては意味はない。例えば、視聴率はテレビ広告にとって最大の指標になるが、これもただ単純にテレビがついていて、その番組(CM)が見られたかどうかではなく、その番組(CM)を実際には「誰が」見たのかというレベルまで求められていると聞く。
     それほどのレベルが求められているのだから、屋外の広告だってできるだけ、適切な人に見てもらえるよう、設置場所を考えるのは当然だろう。
     東京では規制が撤廃されて以降、バスや電車の車体に貼り付けるタイプの広告(=ラッピング広告)を見かけるようになった。それらの走る地域によって、広告の内容も変わるし、もちろん値段も変わってくるらしい。
     近所を走る埼京線にもラッピング広告を施した車両が走っている。その埼京線では、以前から女性専用車両があり、先日からは朝のラッシュ時にも運行されるようになった。昨日、その埼京線の女性専用車両だけに、ラッピング広告がつけられていたのを見つけた。
     「リアップレディ」
     女性向け発毛剤…なるほど、時間帯によっては間違いなく女性だけが見る広告だ。しかも10両編成の埼京線車両全部ではなく、女性専用車両の1両だけに広告を貼り付けているなんて、なんて費用対効果の高い広告なのだろう…と、妙に感動してしまった。

    ■4/18 8037歩 / 今日のお昼はチキンカツカレーでした。

    Posted by ろん