こんな市名はもういらない!/楠原 佑介

■歴史・地理, 龍的図書館

こんな市名はもういらない!―歴史的・伝統的地名保存マニュアル こんな市名はもういらない!―歴史的・伝統的地名保存マニュアル
楠原 佑介

東京堂出版 2003-05
売り上げランキング : 397213

Amazonで詳しく見る by G-Tools


さいたま市の区名決定のゴタゴタは記憶に新しい。いま日本中で市町村の合併が進み、あわせて新しく地名が誕生することも多いが、なんだか安易な名前の付け方が多いなぁと思っていた。さて本書では、日本中の地名について考察し、どのような地名がふさわしいのかを提案している。本来の別の場所の名前を借用したり、複数の地名を合成したりと、地名が安易に決められていく過程がよくわかる。新市名や区名が名付けられるときに、必ずと言っていいほど登場する「有識者」の多くはもともと地名に関しては素人であり、歴史的背景の考察が大切な地名を検討するには役不足という指摘には賛同したけど、「外国語地名の採用が新たな民族間抗争を生む」みたいに必要以上に大袈裟な指摘にはちょっと首を傾げてしまった。全体的には、新しい地名を考える上で、ぜひ参考にしてもらいたい一冊であることは間違いない。(2004.1.12)

(店長オススメ度: ★★★☆☆ /2004/01/12更新)