4月13日 [社会の窓]花筏
花筏(はないかだ)

今年の桜は、かなり長い期間咲いていた感じがする。 今日も先日歩いたところと同じ川沿いを歩いたが、まだ一部は満開をちょっと過ぎたくらいに花をつけている木もあって、それなりに見応えがあった。 また、先週と違って 川面を流れる … 続きを読む


4月6日 [社会の窓]至近距離で見る727
間近で見る727看板

水上からの移動中の車から、気になるものが目に入った。 あの“727”の看板だ。 あまり意識していなかったが、たしかに、上越新幹線がすぐ脇を走っている。 新幹線の中からしか見たことのない看板が目の前にあるのだ。 これは見に … 続きを読む


3月30日 [社会の窓]平成最後の…
平成最後の桜

東京の桜はすでに満開を迎えているようだが、今日歩いた石神井川周辺では、満開には至っていない桜もけっこうあった。 平成最後のお花見だ。 だからどうだということもないし、もはや言い古されてる感もあるけれど、これが明らかな節目 … 続きを読む


3月24日 [社会の窓]ある意味自己責任
珍しいものが売られていたけど…

近所の商店街を歩いていたら、ちょっと珍しい物が売られていることに気づいた。 歯科用のピンセット、歯石削り、口腔鏡など、あまり見かけないようなものがずらり。 先端があまりに鋭くて、素人が使うとちょっと危険なのではないかと思 … 続きを読む


3月17日 [社会の窓]実物が訴えかける力
やはり実物は違う

木曜日から金曜日にかけて、出張で広島へ行ったが、今回も出勤前に原爆ドームまで散歩した。 広島に行くたびに、結構な頻度で行っている気もするが、見るたびに思うのは、よくここまでしっかり保存してこられたな…ということだった。 … 続きを読む


3月11日 [社会の窓]2011年3月11日の空
2011年3月11日の空

昨夜から“春の嵐”とも言えるくらいの雨と風がひどかったが、出勤した時間くらいには、雨は止んでしまった。 8年前の今日は、雲の隙間から太陽が顔を覗かせる感じの空だったように記憶している。 そのとき撮った写真を検索してみたの … 続きを読む


3月1日 [社会の窓]一羽の鳥
ずっと止まっていた一羽の鳥

忙しいと言いながら、今日は有給休暇を取った。 今日のような休みでも、いろいろ考える癖が抜けず、なんだか気持ちが疲れる。 まったく何も考えずに過ごすというのは、本当に難しく、かなりの時間は、仕事のことを考えてしまう。 ふだ … 続きを読む


2月25日 [社会の窓]のんびり過ごしたい
国立新美術館で…

今日も月曜日から疲れた。 最近は、月曜日に週末を振り返って記事にすることが多い。 昨日の、国立新美術館は久しぶりだった。 正直、理解が難しい内容ではあったが、こういうことも含めての美術館だから、楽しかった。 鑑賞が終わっ … 続きを読む


2月18日 [社会の窓]お墓だらけの世界
お墓だらけの世界

一昨日、たくさんの墓を見ていて、ふと思った。 すでに日本の人口の減少が始まっているが、このまま減り続けると、最終的にはどうなっていくのだろう? ある本によれば、西暦3000年には、日本の人口は、なんと2000人になってし … 続きを読む


2月9日 [社会の窓]大雪…にならず
大雪…?

この土曜日、東京で大雪になるという予報が出ていた。 正確にいうと、大雪になるという予報は、昨日の午後くらいから出てきたものだ。 予報というものは、直前であればあるほど当たるはずだから、前日の午後であれば、かなり確度の高い … 続きを読む