11月10日 5730 札幌美術展 五十嵐威暢の世界 展
大きな作品も多い

北海道に来て3日目、帰る日になって、ようやく雨が上がった。 帰りの時間のこともあるし、あまりのんびりもしていられない感じだったので、ちょっと足を伸ばして、札幌芸術の森に行ってみることにした。   35år トレ … 続きを読む


9月2日 5675 昭和大東京百図絵と出会う
東京市役所

もう何度か観に行っているが、毎月第1日曜日は無料観覧日となっている、国立近代美術館へ。 振り返るとけっこう行ってるが、常設展の展示替えもされているから、毎回新鮮だ。 そして、今回もっとも、気になった作品が「昭和大東京百図 … 続きを読む


5月6日 5383 本日無料の国立近代美術館
本日無料の国立近代美術館へ…

大型連休最終日は、竹橋駅にほど近い国立近代美術館へ。 毎月第一日曜日は、所蔵品展が無料で見られるので、以前も来たことがあるが、久しぶりにやってきた。 それほどお客さんも多くなく、じっくり鑑賞することができた。 定期的に季 … 続きを読む


4月14日 5363 くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質
COEDA HOUSE…これを見たのは…

東京駅にある東京ステーションギャラリーへ。 建築家 隈研吾のこれまでの作品を竹、木、紙、石、土などの素材ごとに分類し、紹介していく企画展「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」を鑑賞。 写真撮影OKなので、気にな … 続きを読む


3月18日 5337 ヘレンド展
展示室内唯一の写真撮影可

パナソニック汐留ニュージアムで開催中の「ヘレンド展」を鑑賞。 ほとんど知識のない状態で鑑賞しても、回を重ねていくと、知識がつながってきて面白い。 マイセン、セーブルなどの名窯にならぶ、ヨーロッパを代表する磁器であるヘレン … 続きを読む


3月4日 5321 21_21 DESIGN SIGHTの写真都市展とthinking tools展
写真の表現は多彩だ

21_21 DESIGN SIGHTへ。 先月末から始まった企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」を鑑賞。 本展ディレクターのコメントは、「22世紀に向けてイメージの世界はどうなるのか … 続きを読む


3月4日 5320 地域✕デザイン 2018
10のプロジェクトを紹介

「地域×デザイン 2018 -まちとまちをつなぐプロジェクト-」という企画展を見に行った。 実は、具体的にどんな内容なのか、よくわからずに行ってしまったし、この企画展のメッセージとして、「デザインの視点で地域を見つめ、地 … 続きを読む


3月2日 5318 ホキ美術館
宙に浮いている展示室

3月に入り、2017年度も最後の月となった。 このままでは、有給休暇を大量に余らせたまま終わってしまうということもあるし、自分の中では、ちょっとくらい休んでもいいだろうという思いもあり、有給休暇にしてしまった。 以前から … 続きを読む


2月12日 5303 東京都庭園美術館「装飾は流転する」展
ニンケ・コスターの作品

約半年ほど休館していた東京都庭園美術館が再オープンしたのは、昨年の11月。 ずっと行こう行こうと思いつつ、再オープン後初の展覧会「装飾は流転する―『今』と向き合う7つの方法」にようやく行けた。 7組のアーティストの「装飾 … 続きを読む


1月14日 5275 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展
この絵は以前も見たことがあった

渋谷のBunkamuraで開催されている「ドルフ2世の驚異の世界展」を鑑賞してきた。 実は、広告にも使われているこの絵を最初に見たのも、ここBunkamuraだった。 日本初登場ということで「だまし絵展」で見ていたから、 … 続きを読む