[社会の窓]松涛美術館

陰影が素晴らしい昨日訪れた松涛美術館は、建物に特徴もさることながら、特に惹かれたのは、階段室の陰影だった。

もちろん意図してこのようになっているのだろうけど、照明が作り上げる陰をデザインの一部として取り込んでしまうというのはおもしろい。

階段という場所柄、暗いのはあまりよくない気もしたが、足元に特に気を付けなければならない人たちには、エレベーターを使ってもらうことになるから、それほど心配はいらないのかもしれない。

また機会があれば、あらためて建物を鑑賞しに来てみたいと思った。

5722 華めく洋食器 大倉陶園100 年の歴史と文化展

今日もあまり天気は良くなかったが、先週雨で行けなかった、渋谷区立松濤美術館へ行ってきた。

たった1駅だけど、渋谷から井の頭線で神泉駅へ行き、そこから歩いて向かう。

井の頭線新線駅から… 松涛美術館は何年ぶりだろう…

華めく洋食器 大倉陶園100 年の歴史と文化」展を鑑賞。

「華めく洋食器 大倉陶園100 年の歴史と文化」展日本陶器合名会社(現 株式会社ノリタケカンパニーリミテド)、東洋陶器株式会社(TOTO株式会社)・日本碍子株式会社(日本ガイシ)を設立したり、伊奈製陶所(現 株式会社LIXIL)の設立にもかかわるなど、大倉孫兵衛、和親父子は、日本の近代セラミックス産業を牽引したといっても過言ではない。

しかし、大正期、晩餐会などで用いられた高級洋食器が、海外メーカーばかりだったことを憂いた、 大倉父子は高品質な西洋陶磁器を製造する大倉陶園を創業する。

日光の金谷ホテル、箱根の富士屋ホテルをはじめ、日本の名だたるホテルや、皇室などでも使われている大倉陶園の洋食器は、海外からも高い評価を受けているという。

この企画展では、 大倉陶園の草創期から現在までの作品を紹介する。

前述した企業を通じてセラミック産業を作り上げただけで満足せず、わが国で自前の洋食器を作ろうという気概や情熱はすごい。

展示されていた作品も素晴らしいものばかりだったが、こうした作品に至るまでは、けっして簡単ではなかったはずで、” 苦難の道のり”みたいなことにも、もっと触れてもらえたら、展示にさらに奥行きが出たのではないか…なんて思った。

この、松濤美術館は、建築家白井晟一による作品で、公立の美術館としてはかなり特徴的な建物だ。

渡ってみたい…階段室
円筒形の建物の内側には、水をたたえた池と噴水があって、それを越える”空中ブリッジ”など、どこか効率性よりもデザイン性が優先された感じは、いろいろな意味で余裕のある自治体でなければ作れないんじゃないか…と思った。

作品はダメだが建物はこうしていろいろ撮影できて楽しかった。

5721 瀬文平

先日、7payを変換したら、Windows10は“瀬文平”などと変換したから、最初は、ただの誤変換だと思った。

でも、変換したからには、もしかすると、なんらかの意味があるのではと思い、瀬文平で検索してみる。

瀬文平橋はここすると、なんと、北海道に瀬文平橋という橋があることがわかった。

ただし読み方は、“7payばし”ではなく、“せもんびらばし”らしい。

釧路川に架かる瀬文平橋の由来について検索したら、このようなことが出てきた。

何もないけど歴史はある… こんな感じ

明治18年に開設された釧路集治監の囚人たちの最初の仕事が、硫黄山から標茶までの間の道路の整備と、この場所の橋をかけることだったそうだ。それにより、硫黄山で採掘した硫黄を駄馬で橋まで運び、ここから船で釧路へ向け運ぶようになったとのこと。

北海道開拓のため強制労働によって作られたのが、瀬文平橋なのだ。

7payと何の関係もないし、読み方も違うのだから、そもそもこの変換自体意味があるのかわからなくなってくるが、あまりに無関係なのに、誤変換でつながるというのは、なんとも言えない趣を感じる

5720 結局原因は中国…

スーパーでこんな貼り紙を見つけた。

ボックスティッシュが不足しているという。

その理由が、こんな感じで挙げられていた。

① 激安と言われる、中国産ティッシュの値上がり
② 国内市場の2割が中国産ティッシュ
③ 市場2割を占める中国産ティッシュのしわ寄せが国産メーカーに
④ 中国産メーカーが寝上がった分、国産メーカーも値上げを行う
⑤ 2018年の災害で常に品薄状態になっていたところ、さらにネピア工場火災により品薄に拍車がかかる

結局、みんな中国…かつてのオイルショックのときのトイレットペーパー騒動のように、紙というのは心理的な影響を受けやすいのかもしれないが、この貼り紙を読むと、結局、全部中国の影響を受けているということになる。

そもそも、ボックスティッシュが、ずっとこんな状況であったとしたら、一時的なことではなく、ずっと続くことになってしまうのかもしれない。

偏ることがいかに危険なことであるかがよくわかる。

5719 久しぶりに在宅勤務

多少周囲への影響があることは気になりつつも、諸状況を考慮して、久しぶりに在宅勤務をした。

仕事柄、ふだんは、声を掛けられることが多いので、こうした状況になれば、集中して仕事をすることができる。

でも、たしかに面と向かっての直接の声掛けや質問はなくなるものに、それらがこの世から消えてなくなったわけではなく、その人に我慢を強いているか、誰か別の人にいっているだけのはずだ。

そう考えると、気にはなるし、迷惑を掛けないということの難しさを感じるが、かと言って、自分を犠牲にしなければならないというのも、ちょっとおかしいとも思う。

もう少し、工夫が必要だと思った。

でも、在宅勤務をすると、結局、普段の日よりも長い時間を仕事にあててしまうし、 集中しすぎて、ふだんと同じようにくたびれてしまうのだから、何かがおかしいのかもしれない。

5718 自分の悪い癖

自分には、思い詰める癖がある。

決して良くないことだとはわかってるのだけど、ついやってしまう…だから、癖なんだけど。

最近、特に重くのしかかっていると感じるのは、” ありたい自分”と” 現実の自分”のギャップが大きくなりすぎて、身動きが取れなくなっているという問題。

ありのままの自分を受け入れられてたいとは思えず、 つい、こんなはずではなかったと思ってしまう。

こんなことを思っていても、現実は現実なので、次々と、否応なしに現実を突きつけられ続ける。

こうなってくると、もう、どうしていいかわからなくなってくる。

とりあえず、少し気持ちの整理が必要なようだ。

5717 目的を勘ぐってしまう

朝、新橋駅の構内を歩いていたら、驚くべき放送が聞こえた。

最初、何を言っているのかよくわからなかったが、よくよく聞いてみると、それは、なんと、子供の声で、定期券を券売機での購入することを勧める広告だったのだ。

そうでなくても、回数券を買えだの、大人の休日倶楽部だの、うるさいのに、子供の声まで使って広告を流すとは、いったいどういうつもりなのだろう。

ふつうの声では聞いてもらえないから、奇をてらっているのかもしれない。

列車の運休やダイヤの乱れなどが起きるとそれを伝える放送が流れるが、ふだんの、何も起きていないときは、こうした広告が流し続けられるのだ。

ただでさえ、騒々しい駅構内に、うるさい広告を聞かされるというのは、不快以外のなにものでもないのに、なぜ、放送し続けるのか?

もしかすると…JRは、駅構内を静かにするのが不安なのか…なんて考えてみたりする。

静かにしたくないから、広告放送で静かさを埋める…みたいな。

まさかね。

5716 雨で…

雨の渋谷…今日もぐずついた天気だったが、少し小降りだったのを見計らって、渋谷の松涛美術館に行くことにした。

渋谷駅を降りて、 ちょっと遅めのランチ。
どこも混雑していたこともあって、店を選ぶ余裕もなく、駅近くのエクセルシオールにて。

店を出たときには、雨と風がかなり強くなっていて、渋谷駅から、結構距離のある松涛美術館へ歩いて行くのはちょっとしんどそうな状況になってしまった。

こんな天候の悪い中、わざわざ行くこともなかろう…ということで、そのまま帰ってきた。

仕方がないとはいえ、ただ、渋谷までエクセルシオールに行っただけという、なんとも残念な休日になってしまった。

[社会の窓]近所の公園に迷い込む

梅雨らしい日が続いている。

今日の天気予報はずっと雨だったが、雨雲レーダーを見ていたら、しばらく雨も降らなそうだったので、ちょっと外に出てみた。

こんな木があったんだ…近所を歩いただけだが、公園の木にびっしりと苔が生えてることに初めて気付いたのは、こうした天気だったからだろうか。

これを見ていて、ふと思った。

もし自分が小さくなって、こんなところを歩いたら、どんな感じだろう…と。

で、思い出して、家から持ってきたのが、鉄道模型用の人形だった。

いろいろなタイプの人形がいるが、選んだのは、これ。

近所なのに未知な場所に迷い込んだサラリーマン。

この場違い感がなんとも面白かった。

5715 いじめをなくせない一端…

いじめを苦にした自殺は後を絶たない。

それは、いじめる側といじめられる側だけの問題でなく、まわりの大人たちにも問題を大きくする原因があると思う。

岐阜市の中学3年生の男子生徒がマンションから飛び降り自殺したとみられる問題で、教育委員会が記者会見したことについてのニュースで…。

3日、岐阜市内の公立中学に通う3年生の男子生徒が転落死したとみられる問題で、男子生徒の担任は「クラスでのいじめ」が書かれたメモをシュレッダーにかけて廃棄していた可能性が高いことが明らかになりました。

なんとか隠蔽したいという思いが、こうした行動を引き起こすのは容易に想像できる。

仕方ないとは言わないが、ありがちではある。

僕が問題だと思うのは、教育委員会のこのコメントだ。

「担任が個人名が書かれた資料ということで、シュレッダーにかけて廃棄したと思われる。担任には隠ぺいの意図はなかったが、訴えの重みを軽くとらえていた。(メモの情報が)共有されていれば、防げた可能性が高いと思っている」(岐阜市教育委員会)

本当に「担任には隠ぺいの意図はなかったが」と思ってるのだろうか?

もしそうだとしたら、これこそが隠蔽しようとする空気を作ってるのではないか…と思えるのだ。

こうした一言は、いじめがなくならない一端のような気がしてならない。