5641 月極

駐車場でよく見かける“月極”の文字。

もちろん、月単位で契約する駐車場である“つきぎめ”のことなのだけど、群馬に来ると、この単語が“月極”ではなく、“月決”となっているのを見かける。

昨日だけで2か所あった。

水上駅前で… 高崎市内で…

東京ではまず見たことがない“月決”が群馬に来ると見かけるのは、きっと偶然ではない…と思う。

この問題?について、いろいろ検索していたら、そもそも、“極”で“きめる”という読みは学校で習わないのだそうで、実は、月極という表記のほうがおかしいらしい。

『常用漢字表』では、「極」に「きめる」という訓読みは載せていませんから、学校教育では、この読み方は習いません。にもかかわらず、「月極」と書いてある駐車場が、今でもあちこちにあるのが現実です。

誤用とは言わないまでも、ここまで習慣的に使われているのは不思議だ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください