[社会の窓]至近距離で見る727

水上からの移動中の車から、気になるものが目に入った。

あの“727”の看板だ。

あまり意識していなかったが、たしかに、上越新幹線がすぐ脇を走っている。

新幹線の中からしか見たことのない看板が目の前にあるのだ。

これは見に行かないと!と思い、車を止め、看板のすぐ前まで行ってみた。

例の看板を裏から…さすがに大きいけど…

727看板の裏側は、ちょうど同じ大きさの看板があって、反対側に727があるとはわからない。

表に回ると…さすがにでかい…と思ったが、いや、存在感のわりには、結構コンパクトにも思えてきた。

これまでもしょっちゅう見てきたはずなのに、間近で見ると妙に楽しくなってくるのはなぜなんだろう?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください