5633 知名度0%が100%へ

羽田空港で見掛けた”平成まんじゅう”“平成”が発表されたとき、学校は休みで、そのテレビ中継を自宅の台所で見ていた記憶がある。

あのときは、昭和天皇の崩御の直後だったから、世の中全体がバタバタしていて、目まぐるしくいろいろなことが起きたが、元号発表はそれをもっとも象徴するようなできごとだった。

でも、これが、もう30年以上も前のことなんだと思うと、あっという間の人生だったと、まるで人生最期のようなことを考えてしまう。

そして、いよいよ、その平成が終わり、新しい元号が発表される。

これの何がすごい…って、いま、当然ながら知名度0%である単語が、4月1日を境に100%になることが確実ということ。

そんな単語は、まずふつうあり得ない。

最初に新しい元号を聞いても、違和感しかないだろう。

いろいろな意見も出るだろう。

でも、あっという間に慣れてしまって、平成のようにひとつの“時代”になっていくだろうなとは思う。

将来、平成のように、新しい元号発表を振り返る日が来るのだろうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください