5620 気になる効果音

いくつかの鉄道会社で展開されている、駅の改札機を通過したことを家族にメールで知らせるサービスがある。

JR東日本では「まもレール」という名前でサービスが提供されているが、そのラジオCMをときどき聴くたびに、ちょっと気になるところがある。

JR東日本「まもレール」

内容を文字に起こすと…。

(子供の声)

僕がこうして改札を通ると…

ピッ!
(改札機を通過した電子音)

僕がどの駅でいつ通過したかを、ママに教えてくれるんだ。

それが、JR東日本子ども見守りサービス、まもレールっていうんだ。すごいでしょう?

(女性のナレーション)

ご家族の位置情報をお知らせする、まもレールのご契約は、安全安心のパートナーセントラル警備保障まで。

ラジオCMとしては別に問題はないだろう。

しかし、僕がどうしても、気になって仕方がないところがあるのだ。

それは…。

ピッ!

…という、改札機を通過した電子音のところだ。

勘のいい人はすぐに気付くと思うのだが、子どもは

ピヨピヨ

と鳴るはずなのだ。

つまり、この声は、子どもではなく大人 なのだ。

そういうふうに思いながらこのラジオCMを聞くと、いろいろな意味で、薄気味悪くなってくる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください