5615 こんなものまで…。

ここ最近、 24時間営業の見直しや、オーナーの過重労働など、 コンビニエンスストアの問題が取りざたされている。

こうした注目を集めるということは、それだけ、社会インフラの重要な一部として機能していることの表れであり、”本部だけが儲かる”ということではなく、適切に維持発展させていくことはとても大事だと思う。

このあたりの話もいろいろ気になるけど、これはまたいずれ取り上げるとして…。

利用者の立場としては、コンビニは、文字通りとても便利だし、発見もあったりする。

枕?最近気になるのは、本や雑誌のコーナーで、多彩になったムック本の”付録”だ。

実は、出張のときに使っているリュックは、コンビニで買ったものだ。

そして、今日見掛けたのが、「枕」だったから、ちょっとびっくり。

”付録”だから、何が売られてても不思議ではないのだけど、それなりにかさばるものでも、ちゃんと売れるのであれば、問題ないのだろう。

2 thoughts on cialis packaging5615 こんなものまで…。

  1. 万年不眠症の私としては1,980円(税別)で快眠を保証していただけるならコンビニだろうと量販店だろうが買います!
    が…実際には適度な価格でそれなりの商品だからこそコンビニで販売されているんだろうな~と思う自分もいるわけで。。。
    文字通り”便利”さが最大の売りで、品質と価格については個々の中で微妙な妥協点が存在する…それがコンビニだと思っております。街中の防犯対策に一役買っているという側面もあるようですが、24時間営業を期待している人が果たしてどれだけ存在するのか…?

  2. ≫ がんちゃん
    僕も枕はいろいろ試してるので、ちょっと興味があります(笑)
    コンビニって、いつの間にか、存在することが当たり前になってきましたよね。そして、がんちゃんの言われる通り、絶妙な妥協点を求めてくるのもコンビニです(笑)
    コンビニに求められることも、時代に合わせて変わってきますが、今後はどうなっていくんでしょうか。
    枕にとどまらず、どんなものが売られるようになるのだろうね?(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください