5613 ◯◯号外

駅前で「〇〇号外をお配りしています」という声が聞こえた。

号外という言葉の前の方がよく聞こえなかったが、たしかに号外と言っている。

号外なのに、それほど受け取る人がいないのが気になったが、手に取ってみたら…

広告号外

とあった。号外って言ったって、これは広告じゃないか。

広告号外…って…これは勝手な思い込みかもしれないけど、”号外”というのは、定期刊行物とは別のタイミングで発行するものというだけでなく、そうせざるを得ないくらい、重要であったり早く伝えるべき内容があるということだと思う。

だから、”号外”という表現を広告に使うというのは、受け取る側のそうした意識を”利用”した、新聞社のエゴなのではないかと思ってしまう。

こうしたことがどんどん許容されると、どこまでが広告でどこまでが記事なのか…ということも曖昧になってしまう気がする。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください