5603 旧博物館動物園駅「アナウサギを追いかけて」

今朝も、ふたたび上野公園にやって来た。

昨日観られなかった、旧博物館動物園駅「アナウサギを追いかけて」のリベンジだ。

昨日の今日じゃなくてもよかったのだけど、なんと、もう来週には終わってしまうということもあって、これはもう行ってみるしかない…と。

昨日あんなに混雑していた上野公園も、人はまばらだ。そりゃそうだ、まだ8時前だ。

それでも、旧博物館動物園駅には、すでに11人並んでいた。

まだ人の姿はまばら…12番目…

正直、思ったより少ないな…と思っていたが、あっという間に行列が長くなった。

長くなった行列は、並ぶ場所を移されると、さらに行列は伸びる。

待つ… 行列が長くなってきたので移動

そして10時。整理券配布開始時刻。

配布は、10分ちょっとで終わってしまった。

係の人の話によれば、9時過ぎには、もう定員を超えていたらしい。

ものすごい行列 整理券配布開始直後に終了

なんとかGET!そういった事情を知らずに、客は続々とやってきては、係員から話を聞いて、落胆して帰っていく。

「昨日テレビでやってたけど、そんなこと言ってなかった」…と係員に食って掛かる人もいた。

番組サイトを見れば、ちゃんと整理券配布のことも書いてあったが、放送はしていなかったのだろう。

この門扉も作品の一部 独特な世界観

入場の際に渡されるパンフレット入場は無料だが、記念入場券を兼ねたパンフレットを手渡された(写真は帰宅後に撮影したもの)

内容は、今回の展示ではなく、展示の”世界観”を紹介した感じの内容で、ちょっとした”読み物”という感じ。

入口ホールには、アナウサギのインスタレーション。

地下駅ということから、インスピレーションを受けたらしい。頭がめり込んでいるアナウサギ

この中はこんな感じになっていたのか…。

天井も凝っている 今日一番最初に入場 いろいろ芸が細かい 踊り場へ…

ホールを降りていくと、切符売り場とトイレのあった踊り場のようだ。

作品展示 ここに並んでいるのは…

毛並みと頭蓋骨と糞

対象の動物の特徴を表現した毛並みと、その上には3Dプリンタで作ったレプリカの骨格標本。そして脚元には、その動物の糞のレプリカが展示されている。

動物園とか博物館でも、こうした展示があったらおもしろいのに…。

小さな子どもたちはもちろん、大人でも楽しい。

毛並みと頭蓋骨と糞 これは、もちろん…

こちらも独特な世界観だ

独特な世界観があるが、解説はないので、これが一体何を意味しているのかについては、イマイチよくわからない。

観たままを感じればいいのかもしれないが、やはり何を表しているのか…ということは、知りたいと思う。

あちこちに、落書きがそのまま残されている。あえてそのままにしているそうだけど、実際に書いた人は、まさかこのように残されるとは思ってもみなかっただろう。

落書きもアートの一種? こうして落書きが保存されると思ってもみなかっただろう

行き止まりの先には…プラットホームは、さらに階段を降りたところにあるが、透明な仕切りで行き止まりになっている。

この透明の仕切りには、白いペンで”落書き”ができるようになっている。

見学はここまで。

階段の先に列車が走っていて、音は聞こえるものの列車は見えなかった。

改札口とプラットホーム

解説付きツアーもあった

事前予約で解説付きのツアーもあったようだ。

以前から知ってたイベントだったし、もっと事前に調べておくんだった。

今回、長時間並んだ割には、見学できる範囲はかなり狭かったものの、入場者数を制限していることもあって、かなりゆったり鑑賞できたのは良かった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください