5598 虐待事件に思う

千葉県野田市で起きた、虐待によって子供が亡くなった事件。

事件の詳細が続々と伝えられているが、なかでも、スマホで撮影されたという虐待の動画に、子供が許し請う姿も映っていたという話は、あまりに酷さにつらい気分になってしまった。

父親(とも呼びたくないが…)に、同じような目に遭わせやりたい…という意見には、同感ではあるが、おそらく意味はないんだろうな…とも思う。

もちろん、自分がやった虐待を受ければ、痛がるだろうし、苦しみを感じるはずだが、なぜそれを自分がやってはいけないか…という考えには至らない気がするのだ。

もしそれがわかっているのなら、最初からやるはずはない。

わからないから、やってしまう。

人の気持ちが理解できない人間は、必ずいる。

そうした人間に、わかってもらうことは、不可能だと思う。

でも、そうした人間をそのまま生かしておくのは、正直、気持ちが落ち着かない。

やっぱり、同じ苦しみを味わってもらいたい!…とも思ってしまう。

けれど…

それは、ただの復讐としては意味があるかもしれないけど、虐待をされていた子供が、それを望んでいるかというと、実はそうでもないのではないか…とも思えて、ますます気持ちが沈んでしまうのだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください