5593 どうせ忘れるなら…

今日、職場で同僚の名前をど忘れしてしまい、話しかけることができなかった。

ふだん名前を思い出せないことは、けっこうある。

そういうときは、過去のメールのやり取りとか、座席表などから、手掛かりをさがしだすことなどして、なんとか思い出しているが、今日のように覚えている前提で話しかけようした瞬間、思い出せない
ということは、あまりなかった。

だから、ごまかしようがなく、正直にど忘れしたことをカミングアウトせざるを得なかった。

あまりにひどいど忘れに、自分でもびっくりだ。

いつくらいから、こうしたど忘れが始まったのだろう…。もちろん、思い出せない。

とにかく、いろいろなことを忘れてしまう。

肝心なことまで忘れてしまい、消えた記憶のあとに残っているのは、何とも言えない、漠然とした不安だけだ。

どうせ忘れてしまうのなら、一切のことを忘れてしまえばいいのに。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください