[社会の窓]2019年の初日の出

2019年の元旦も初日の出を見に行った。

ここ最近は、いつも王子駅と飛鳥山に挟まれた跨線橋から眺めている。

地平線方向に新幹線の高架橋があって、東京の日の出の時刻6時51分に、太陽が見られることはなく、さらに今年は、同じ方向に雲が出ていたので、実際に太陽が見えてきたのは、7時近くだった。

毎年のことだし、ただ上ってくる太陽を見るだけなのに、この非日常感はちょっと楽しい。

ようやく太陽が顔を出したこうして無事に1年が始められるというだけでだって、とてもありがたいことだ。

きっと、いろいろなことが起きるだろうが、身体と心を大切にしながら、明るく楽しく生活していこう。

2019年もよろしくお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください