5560 仕事納め

12月に入ってからも、相変わらずバタバタしたまま過ごしてしまい、連休中に旅行にも出掛けたせいか、無意識のうちにクリスマスも過ぎてしまい、あっという間に、仕事納めの日を迎えてしまった。

結局、2018年の間に終わらせようとしたことは終わらず、いつも以上に忙しい一日を過ごしてしまった。

それにしても、2018年…特に前半はびっくりするくらい出張が多く、後半は仕事上の悩みが増えた。

もっと早いうちから手を打つことはできなかったか?とか、自分ができることはなかったか?といった悩みだ。

あらためて、そうした悩みの性質を考えてみると、反省というより後悔のほうが大きい気がする。

これでは、なかなか改善しないのも無理もない。

ふと、相田みつをの言葉を思い出した。

とにかく具体的に動いてごらん。具体的に動けば具体的な答が出るから

そうそう、動かないと答えも見つからないのだ。

でも、動けないのはなぜか、?

薄々答えはわかっている。

怖いのだ。

動くことで事態が変わってしまうことが怖いのだ。

年齢を重ねることに、どんどん保守的になってしまってる感があるが、それは自分のあらゆる場面で起きているのかもしれない。

これでは、悩みは減るどころか増える一方だ。

では、どうするか…?

2019年の抱負を考えるには、まだわずかばかり早いけど、方向は決まったかもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください