5555 伏見稲荷大社

稲荷駅に到着…まだ真っ暗…以前から、一度は行ってみたいと思ってた伏見稲荷大社に行く。

でもどうせ行くなら、人がいないときに行ってみたい。

京都駅を6時過ぎくらいに出るJR奈良線の列車に乗って、その名も稲荷駅へ。

周囲は真っ暗だし、参拝客もほとんどいないはず…と思ったら大間違いだった。

でももう観光客がいる 暗くてよく見えない…

駅前から

千本鳥居に向かって歩く…

どんどん進んでいく…

1589年(天正17年)に豊臣秀吉によって寄進されたという楼門をくぐり、本殿前を通り、さらに鳥居をくぐって……

そして、ようやく?鳥居が並ぶところにやってきた。

ようやく見えてきた 鳥居が並ぶ…

千本鳥居は、上りと下りで分かれているよう。

暗い… 照明があるところは明るい

行けるところまで行って、きちんと参拝する。

鳥居ランド ようやく明るくなってきた

暗くて写真が撮れなかったので、明るくなるまで待ち、またいま来た道を戻る。

千本鳥居

ものすごい数の鳥居に圧倒される。

千本鳥居とダミー 外から見ると、ちょっとした芸術作品のよう

朝は、確かに参拝客も少なくないが、それ以上にふだんから、ここを歩いているような地元の人たちも多かった。散歩やジョギングのコースにしてるようだ。

午前7時前でも参拝客は多い 上りと下りに分かれてた

本当に不思議な光景

 

びっしりと鳥居が並んでいるが、その隙間から、鳥居を眺めてみると、まるで列車のような感じで面白かった。

やはり来るなら朝だ

明るくなって、ようやく全貌がわかる。

ホテルの朝食までに帰らなければならないので、早めに帰ることにする。

少しずつ参拝客は増えてきた いい表情だ

思い切って来てみてよかった。ちょっとした非日常空間を味わえた。

朱色が鮮やか JR稲荷駅は目の前

もう東京では見られない103系稲荷駅から京都駅まではJR奈良線で。

JR奈良線には103系電車が現役で走っている。

関東ではもう見られなくなってずいぶん経つから、普通に走ってきた姿を見て、あれ?と思った。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください