5554 京都鉄道博物館を見学

建設中の新駅午前中の見学を終えて、京都国立近代美術館に向かったおじゃことは別行動。

今回の旅行は「太陽の塔見学」とこの「京都鉄道博物館見学」が主な目的だったので、こちらも楽しみだった。

それにしても、最寄り駅である京都駅から遠い。

それもあってか、いま新駅建設中。

前回ここにやってきたのは、2014年10月だったようだから、4年ぶりだ。旧二条駅はそのままだが、その背後には、以前なかった、京都鉄道博物館がある。

旧二条駅舎 京都鉄道博物館

線駅開業までカウントダウン

 

入口には、新駅開業までのカウントダウンの電光掲示。

80系電車そのまま展示室には向かわず、すぐ脇に置かれている車両から見学開始。

いずれも他では見られない貴重なものばかりで、観ているだけで楽しくなる。

 

 

EF58型電気機関車

新幹線0系電車

展示車両の多くは保護のため内部に入れないが、新幹線0系だけは入ることができた。

かつて使用されていたグリーン車と普通車は、最後尾の座席だけ座ることができる。

 

0系新幹線のグリーン車 普通車

ビュッフェ車今はなき、ビュッフェへ。

こうした食事ができる車両がなくなってしまったのは残念だけど、これも仕方がないのかも。

レトロな感じの速度計や、登場時珍しかった電子レンジなどの見どころは多い。

アナログな速度計 登場時は珍しかった電子レンジ

スロネフ25形501号車

トワイライトエクスプレスの展示。

こちらも4年前に北海道ですれ違って以来の再会だ。

いよいよ博物館のなかへ…。

…とその前に、本線から博物館につながる線路を見る。営業中の線路とつながっているので、現役の車両を間近で見学できる。

実際に使用されている線路につながっている 線路は博物館の建物の中へ…

今回展示していたのは、観光列車「天空の城 竹田城跡号」。内部も見学できた。

「天空の城 竹田城跡号」が展示 「天空の城 竹田城跡号」内部はこんな感じ

あらためて博物館正面から見ると、内部はこんな感じ。

一番目立つこの場所に置かれる車両のこだわりが、なんともマニアックな感じがする。

あらためて正面展示

ボンネットのキハ80形の無骨さは素敵。100系新幹線が目立たない場所にあるのも前述のようにある種のこだわりの結果だろうか。

キハ81形3号車 新幹線100系122形5003号車

ディーゼル機関車やコンテナ列車の車掌車など、見どころが多すぎる。

103系電車とディーゼル機関車DD51形 ヨ5000形5008号車 電気機関車EF66形35号機

電気機関車EF66形35号機を下から見上げる

EF66形電気機関車を真下から見られるように、床下ピットが歩けるようになっている。

電気機関車ならモーター、ディーゼル機関車ならエンジンなど、初めて見る光景がとても楽しい。

新幹線500系車両の独特なパンタグラフはどんな感じで立ち上がるのか興味があったが、ここでは、自分で操作することができて、一目瞭然だった。

500系車両のパンタグラフ 500系車両のパンタグラフを上げる

車両ばかりでなく、台車や信号機など鉄道を支えるさまざまな機器や装置などの紹介も。

台車いろいろ 信号機いろいろ

歴史なども詳しく紹介。懐かしい昭和の風景とか…

歴史を振り返る 昭和の駅 なくなって久しい駅の伝言板 キハ81形3号車の車内

現在の駅改札を再現したもの、かつて使われていた装置なども展示されている。

現在の駅の改札口 なつかしいマルス端末

こちらも懐かしいパタパタ

 

かつて、みどりの窓口にあった、マルスの発券機や、出発時刻を表示する”パタパタ”なども懐かしい。

鉄道模型

 

HOゲージの鉄道模型もあったが、観た場所がよくなかったせいか、あまりよく見えなかった。

人気は、運転シミュレータ。

鉄道シミュレータはやっぱり人気 お仕事勉強中

タカラトミーにとっては最高の場所かも

鉄道にかかわるお仕事体験のイベント中だったので、一部見学はできなかったが、参加者の表情は真剣そのものだった。

TOMIXやプラレールのロゴを見かけたが、販売元のタカラトミーにとっては、最高の宣伝場所だろうな…と思った。

屋上に上がると、東海道線(京都線)や東海道新幹線が行き交う風景がよく見えた。

東海道線は次にどんな列車が来るかがわかるようにモニターが設置されている。

実際に走行する列車を確認できる 京都らしい光景

走る蒸気機関車

 

梅小路蒸気機関車館時代から続く、蒸気機関車の動態保存と体験乗車をやっていた。

間近で見る蒸気機関車はやっぱり迫力がある。

運転終了後、給水と給炭をして、ターンテーブルを何回か回った後に車庫へ。これもイベント見たいもので、たくさんのお客さんに見守られていた。

石炭を投入 ターンテーブルを回る

ほぼ閉館時間まで見学したが、全部見たというよりも、くたびれてギブアップという感じだった。

しっかり堪能できた。機会があれば、蒸気機関車の乗車やシミュレータなどにも挑戦してみたい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください