5555 フォーエバー現代美術館で草間彌生の作品を鑑賞

今日は「フォーエバー現代美術館 祇園・京都」へ。

こういった展示があること自体知らず、おじゃこリクエストの行き先だったが、自分も興味を持ったので行くことにした。

すべての展示が草間彌生の作品だという。

フォーエバー現代美術館 祇園京都 奥に見えてきたのは…

場所は、何とも趣のある建物だと思ったら、「八坂倶楽部」という1913年(大正2年)年建築の有形文化財だそうだ。

おなじみのカボチャが… このインパクト…

登録有形文化財「八坂倶楽部」で展示される

存在感あるカボチャが出迎えてくれる。

展示されている部屋はすべて畳敷きなので、靴を脱いでコインロッカーに預けて、鑑賞する。

入って真正面から展示が始まるが、ここは撮影してもいいそうだ。

最近は、一部でも撮影可とするところが増えてきて嬉しい。

一部だけだけど撮影可能なのは嬉しい 「黄樹」

草間彌生直筆のメッセージ

草間彌生直筆のメッセージと解説。

大腸的なモチーフのひとつとなっているという「黄樹」 (1992年)「黄樹」…そしてダミー 本当に独特な世界観だ

 

じっと見ていると、なんだか吸い込まれそうになってくる。

 

あらためてたくさんの作品を鑑賞した。

「水玉(ドット)」、「網(ネット)」、「無限(インフィニティ)」…彼女の作品の多くに、このいずれかがが含まれている気がした。

「私の魂を乗せてゆくボート 」(1989年)も、草間彌生独特の世界観が垣間見えるが、背景にある舞台の板絵の松と相まって、不思議な雰囲気だ。

「私の魂を乗せてゆくボート」

窓越しに見える庭園も見事

 

窓の外に目をやると、日本庭園が見える。

今日はあいにくの曇り空で、寒々しいけど、天気や季節のいい時だと、散策するのもよさそうだ。

カフェもあった。もっと時間があれば、ここでゆっくりしてもよかったかもしれない。

時間があればゆっくりしたかった スイーツもカボチャをモチーフ

トイレからも見えた

 

トイレに入ったら、窓の隙間から、カボチャが見えた。

 

せっかくなので、窓から見えた日本庭園を散策。

純日本風の庭園 祇園歌舞練場

花見小路は観光客でいっぱい

フォーエバー現代美術館への往復で、花見小路を通った。

意図して通ったわけではなく、不勉強でここも知らなかったのだけど、風情のある通りだった。

いつ頃からあるのかと、あとから調べてみたら、作られたのは、明治初期だそうで、その後、1949年(昭和24年)には道路の拡幅、2001年(平成13年)に電線の地中化が行われ、現在の風景になってるそう。

写真は人が少ないチャンスを狙う 脇道も風情がある

ただ歩いているだけで、いろいろと見どころがあった。まだまだ歩くべきところは多いと思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください