5550 ハコが残したもの

昨日の朝まで元気だったのに…昨日まで、それなりに元気だったから、まさかいなくなってしまうとは思ってもみなかった。

毎朝、ハコの体重を計っていて、昨日の朝は99gだった。

もともとは120〜130gあった体重は、体調が悪くなって以降、徐々に落としながらも、なんとか頑張っていた。

おとといは、計測直前、口の中に食べ物を詰め込んでしまった結果、104gとなってしまう“トラブル”もあった。

ついつい、住むハムスターがいなくなったケージを見てしまう。

姿が見えないから、ついケージ全体を見て、もういなくなってしまったことを再認識する。

頭ではわかっているのに、そんなことを何度も繰り返してしまう。

寝床や“部屋”などに、食パンの耳とかカリカリ(ハムスターの餌)とかが、あちこちで見つかる。

きっと、あとで食べようと思ってたんだろうな…と思うと、悲しさが込み上げてくる。

偉かったのは、亡くなる直前まで、トイレの場所にしていた砂場に、ちゃんと行っていたということだった。

ハコのおしっこで固まった砂が、今も残っている。

そして、一番残してくれたのは、ハコとの思い出だろう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください