[社会の窓]床に書かれた文字

今夜は、かつて同じ部署だった同僚3人と“同窓会”だった。

このメンバーで飲みに行く(僕はお酒は飲まないけど)のは、初めてだったが、会話するのも久しぶりだったので、とても楽しい時間を過ごすことができた。

その帰りの地下鉄の駅。

床下に何か書かれてることに気がついた。

よく読むと、数字とともに「埋設物の可能性有り。」と書かれている。

この数字は、深さだろうか?

こう記すことでこのあとの工程にどう関わってくるのだろうか?

こうした工事は見えないところで進んでいくものだけど、細かく刻まれた数字に、知られざる苦労があるんだろうな…と思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください