[社会の窓]クラゲ

漂うクラゲ昨日、久しぶりにサンシャイン水族館に行ってきた。

前回行ったとき、その直前に発生した事故の”おわび”として、1年以内であればもう1回入場できるという案内をもらっていたので、その権利を行使したのだ。

前回は12月21日だったので、ちょうど1年だ。

もうちょっと余裕をもっていけばよかったのだけど、ついついギリギリになってしまう。

展示自体は、それほど大きく変化はないものの、ふだんまったく縁のない海の生き物たちを目の当たりにするのは、ちょっと新鮮だ。

そして、一番癒されたのは、かなり”ベタ”だけど、クラゲだった。

流れに身を任せ、もう何も考えない、クラゲたちを見ていると、自分のストレスなんて、どうでもいい気がしてくる。

最近明らかにストレスが溜まっているのは、自分でもよくわかっている。

”火星セラピー”なんて言ってしまうくらいだから、それなりのものだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください