[社会の窓]秋葉原

所用で秋葉原へやってきた。

週末は、すっかり“オタク”の街の様相を呈しているが、誰かが取り決めたわけでもないのに、こうした独特の街が形成されていくというのは、とても興味深い。

高校生時代から、ときどき電子部品を買いにやってきたり、短い期間ではあったけど父の仕事でもこの地に関わりがあった。

また、新入社員研修でも、しばらく通ったこともあって、秋葉原には、ちょっとした“縁”みたいなものを感じている。

しかし、その後は、秋葉原との接点は少なくなり、訪れたとしても、特定のお店に寄って帰るだけになってしまった。

JR秋葉原駅の電気街口から見える光景も、ずいぶん変わった。

今日も結局、ほとんど滞在することはなかったが、たまには、久しぶりに街を歩いてみてもいいかもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください